アイズナー賞

2024年アイズナー殿堂入りの19人を審査員が選出

サンディエゴ・コミック・コンベンション(Comic-Con)は、アイズナー賞の審査員が、2024年に自動的にウィル・アイズナー・コミック賞の殿堂入りを果たす19人を選出したと発表した。これらの殿堂入り者には、12人の故人コミック・パイオニアと7人の存命クリエイターが含まれる。故人の偉人は、クライグ・フレッセル、A・B・フロスト、ビリー・グラハム、アルバート・カンター、ウォーレン・クレーメル、オスカー・レベック、フランツ・マセレル、中沢啓治、ノエル・シックルズ、クリフ・ステレット、エルマー・C・ストーナー ジョージ・タスカ。審査員のリビングチョイスは、 キム・ダイチ、ゲイリー・グロース、ドン・マグレガー、ブライアン・タルボット、ロン・ターナー、リン・ヴァーレイ、 ジェームズ・ウォーレン 。4月には、殿堂入り候補者が発表され、さらに4名の殿堂入り候補者を追加するためのオンライン投票が行われる。

         2024年殿堂入り審査委員会は、ウィリアム・フォスター博士、マイケル・T・ギルバート、カレン・グリーン、アロンソ・ヌニェス、ジム・トンプソン、マギー・トンプソンで構成されている。

   殿堂入りトロフィーは、7月26日午前のコミコン期間中に特別プログラムで授与される。その他30以上の部門におけるアイズナー賞の授賞式は同日夜に行われる。

キム・ダイチ(1944)

アンダーグラウンド漫画家のパイオニアであるキム・ダイチの最もよく知られたキャラクターは、『Boulevard of Broken Dreams』、『Shroud of Waldo』、『Alias the Cat 』、その他さまざまなストリップや本に登場する1930年代の架空の猫アニメ、ワルド・ザ・キャットである。キムの他の作品には、『Shadowlands』、『Reincarnation Stories』、『Beyond the Pale』、サイモンとセスの兄弟との共作『Deitch's Pictorama』などがある。アート・スピーゲルマン(Art Spiegelman)は、ダイチを "アメリカン・コミックス界で最も知られざる秘密 "と呼んだ。DeitchはCartoonists Co-op Press(1973-1974)の共同設立者であり、ニューヨークのSchool for Visual Artsで教鞭をとっている。2008年にComic-ConのInkpot Awardを受賞。

クレイグ・フリーセル(1912-2008)

クレイグ・フリーセルは、バットマン以前のDetective Comics#2-#17(1937-1938)を含む、多くの最初のアメリカン・コミックの表紙を描いた。ライター/アーティストとしては、アドベンチャー・コミック66号(1941年9月)でDCのキャラクター、シャイニング・ナイトを生み出した。ゴールデンエイジのサンドマンの初期の冒険を数多く描き、このキャラクターの共同クリエイターとしてクレジットされることもある。編集者のヴィン・サリヴァンがDCコミックスを去り、自身のコミック出版会社マガジン・エンタープライズを設立したとき、フレッセルは副編集長として契約した。彼は 1950 年代まで、しばしばクレジットされずにコミックを描き続け、 その中には、スーパーボーイの名前のタイトルと『アドベンチャー・コミッ クス』、アメリカン・コミックス・グループ(American Comics Group, AGC)の『未知への冒険(Adventures into the Unknown)』のアンソロジーのミステリーとサスペンスの物語が含まれる。

A.B.フロスト(1851-1928)

イラストレーター/漫画家であるアーサー・フロストの作品は、3冊のアルバムとして出版された:Stuff and Nonsense』(1884 年)、『The Bull Calf and Other Tales 』(1892 年)、『Carlo』(1913 年)である。動きとシークエンスを描くその技巧により、フロストは、リチャード・アウトコー、ルドルフ・ダークス、ジミー・スウィナートン、フレッド・オッパーといった初期のアメリカの新聞漫画家たちに大きな影響を与えた。彼の作品は『Harper's Weekly 』や『 Punch』などの雑誌に掲載された。

ビリー・グラハム(1935-1997)

ビリー・グラハムはアフリカ系アメリカ人のコミック・アーティストで、初期の作品は1969年にウォーレン社の『ヴァンパイアラ』誌に掲載された。やがてウォーレンのアートディレクターとなり、1972年にマーベルに移籍、ジョン・ロミータ・シニアとジョージ・タスカとともに『ルーク・ケイジ、ヒーロー・フォー・ハイヤー』の制作に携わった。1973年から1976年にかけては、作家のドン・マグレガーとともに『ジャングル・アクション』の「ブラックパンサー」を担当。1980年代には、エクリプス・コミックスの『セイバー』のタイトルでマグレガーと仕事をした。

ゲイリー・グロース(1954)

ゲイリー・グロスはアメリカのコミック編集者、出版社、評論家。10代で『ファンタスティック・ファンジン』を創刊し、1970年代初頭にはワシントンDCで『メトロ・コン』を主催するなど、ファンとして活躍。1976年にマイク・キャトロン、キム・トンプソンとファンタグラフィックス・ブックスを共同設立し、『コミックス・ジャーナル 』の編集長を務めた。 

アルバート・カンター(1897-1973)

アルバート・ルイス・カンターは1941年10月、エリオット出版社(後のジルバートン・カンパニー)のために『三銃士』でクラシック・コミックスの制作を開始。クラシック・コミックスは1947年にClassics Illustratedと なった。カンターは、急成長するこの媒体を利用して、若い読者や消極的な読者に「偉大な文学」を紹介できると考えた。 Classics Illustratedに加え、カンターはそのスピンオフであるClassics Illustrated Junior、SpecialsThe World Around Usを主宰した。1941年から1962年の間に、売り上げは2億冊に達した。

ウォーレン・クレマー(1921-2003)

ウォーレン・クレーマーはニューヨークのスクール・オブ・インダストリアル・アートで学び、そのまま印刷業界に入り、パルプ雑誌の仕事をした。次第にエース出版でコミックの仕事を手がけるようになり、最初のタイトルは『ハップ・ハザード』だった。1948年、クレーマーはハーヴェイ・コミックスで働き始め、キャスパーやリッチー・リッチなどの人気キャラクターを生み出し、 リトル・マックス、ジョー・パルーカ、スタンボ・ザ・ジャイアント、ホット・スタッフ リトル・オードリーなどのタイトルを手がけた。 1980年代、クレーマーはマーベルの子供向け版権であるスター・コミックスで働き、トップ・ドッグ、イウォーク、ロイヤル・ロイ、プラネット・テリー カウント・ダキュラなどのタイトルに貢献した。

オスカー・レーベック(1903-1966)

オスカー・リーベックは舞台美術家であり、イラストレーター、作家、編集者(主に児童文学)であった。特に、彼はウォルト・ケリーを雇い、その間に『ポゴ』を創作したことで知られるデル・コミックスのスタークリエイターのひとりとなった。リーベックはまた、パネル漫画のキャラクター、リトル・ルルをコミックに登場させるためにジョン・スタンリーを抜擢した。コミック本の歴史家であるマイケル・バリアーは、デルのおとぎ話や童謡、それに類 似したテーマのタイトルは、「1930 年代に児童書を書いたり描いたりしていたレーベック が、特に豊かでかなり古風なイラストを通して、伝統的な児童書の特質をコミック本に もたらそうとした努力の表れである」とコメントしている。

フランツ・マセレル(1889-1972)

フランツ・マセリールはフランドル地方で最も有名な木版画家の一人である。リンド・ウォード同様、マセリールは「言葉のない小説」を書き、現在のグラフィック・ノベル作家の先駆けともいえる。彼の最初の "グラフィック・ノベル "は『De Stad』(1925年)で、街の生活を100枚の版画で描いている。他の作品に『Geschichte Ohne Worte』や『De Idee』があり、警察と司法に取り憑かれたアイデアを描いている。反ナチスの間で大人気となった。マセレルは第二次世界大戦後フランスに定住し、1972年に死去。

ドン・マクレガー(1945- )

ドン・マグレガーは 1969年にコミック作家としてのキャリアをスタートさせ、ジェームズ・ウォーレンの『Creepy』『Eerie』 Vampirella』でホラー小説を執筆。マーベル・コミックの白黒ラインのコミック/雑誌の編集者として働いた後、1973年にマーベルのジャングル・アクションの ブラックパンサーを書くことになった。Panther's Rage』シリーズは、基本的にすべて黒人のキャストで構成された最初のメインストリームコミックだった。ドンはこの時期、『キルレイヴン』、『ルーク・ケイジ』、『パウワーマン 』、『 生ける吸血鬼モービュース』も執筆した。1970年代半ばには、ビリー・グラハムが作画を担当した歴史的に重要なグラフィック・ノベル『Sabre』を生み出した。1980年代前半には、エクリプス社の『ディテクティブ・インク』などの作品を手がけ、ジーン・コランと『ラガマフィン』(エクリプス)、『ナサニエル・ダスク』(DC)、『パンサーズ・クエスト』(マーベル)などで 。1990年代には『ゾロ』や『レディ・ローハイド 』(トプス)を執筆。

中沢啓治(1939-2012)

中沢啓治は広島に生まれ、1945年に広島が核兵器で破壊されたときも広島にいた。漫画家になるため1961年に東京に移住。少年画報』、『少年キング 』、『 ぼくら』などのアンソロジーで最初の漫画を発表。1966年になると、中沢は『黒い雨にうたれてフィクション)や『俺は見た』自伝的物語)を皮切りに、広島の記憶を漫画で表現し始めた。中沢のライフワークである「はだしのゲン 」(1972年)は、日本の漫画として初めて欧米語に翻訳された。はだしのゲン」は2本のアニメ映画と実写テレビドラマ化され、12カ国語に翻訳されている。

ノエル・シックルズ(1910-1982)

ノエル・シックルズは1920年代後半にオハイオ州立新聞の政治漫画家となる。1933年にニューヨークに移り、AP通信のスタッフ・アーティストとなる。ここで彼は航空漫画『スコーチー・スミス』を引き継ぐよう依頼された。この漫画で、シックルスは個人的な、ほとんど写真のようなスタイルを確立した。彼の描き方は他のコミック・アーティストの間でも評判になり、特に『テリーとパイレーツ』のミルトン・カニフにインスピレーションを与えた。シックルズとカニフは密接に協力し、互いのコミックをアシストし合うようになった。AP社がシックルズの昇給を断った後、彼は残りのキャリアを雑誌のイラストレーションに捧げた。

クリフ・ステレット(1883-1964)

クリフ・ステレットはコミック・ページの偉大な革新者の一人であり、ヒロインを主役にした最初のコミック・ストリップ『ポリーと仲間たち』の作者である。1904年から1908年にかけて、ニューヨーク・ヘラルド 紙でイラストや風刺画を描いていた。1911年、ニューヨーク・イブニング・テレグラム紙で毎日4本のストリップを描く機会を得て、コミックを描き始める。1912年、ステレットはウィリアム・ランドルフ・ハーストに雇われ、そのために『ポリーと仲間たち』を創作した。このストリップは当初、『ニューヨーク・ジャーナル』紙の日刊コミックページに掲載された。1年後には、日曜日のページと『ニューヨーク・アメリカン』紙の4色刷りの付録にもなった。1920年代から、ステレットはキュビズム、シュルレアリスム、表現主義の要素を作品に取り入れた。1935年、彼は日刊紙を他の人に譲り、1958年に引退するまで日曜版に専念した。

エルマー・C・ストーナー(1897-1969)

E.C.ストーナーは最初のアフリカ系アメリカ人コミック・ブック・アーティストの一人である。彼は1930年代後半から1940年代にかけて、バインダー、チェスラー、アイガー・スタジオを通じてコミックに携わった。ナショナルでは、『ディテクティブ・コミックス 』創刊号の「スピード・サンダース」のストーリーを描いた。その他、ECコミックスに「ブラックストーン」、フォーセットに「キャプテン・マーベル」、「ランス・オケイシー」、「スパイ・スマッシャー」、フォックスに「ブルービートル」、「バウンサー」、タイムリーに「ブリーズ・バートン」、「フレクソ」、ストリート&スミスに「ドク・サベージ」、「アイアン・マンロー」などを描く。1948年から1951年にかけては、マジシャンで『シャドウ』の作者としても有名なウォルター・ギブソンが執筆したシンジケート紙の漫画『リック・ケイン、スペース・マーシャル』を描いた。ストーナーはまた、彼がまだペンシルベニアで10代だったころ、象徴的なミスター・ピーナッツのマスコットを作ったと信じられている。

ブライアン・タルボット(1952- )

ブライアン・タルボットは1960年代後半からイギリスのアンダーグラウンド・コミックス・シーンに参加し、アルケミー・プレスで『ブレイン・ストーム・コミックス』などを制作。1978年には、イギリス初のグラフィック・ノベルのひとつである壮大な『ルーサー・アークライトの冒険』(The Adventures of Luther Arkwright )を発表。タルボットは1983年に2000ADで仕事を始め、作家のパット・ミルズと『ネメシス・ザ・ウォーロック』シリーズ3冊を制作。1994年に発表したダーク・ホースのグラフィック小説『The Tale of One Bad Rat』は数え切れないほどの賞を受賞している。タルボットは4年間、DCコミックスで『ヘルブレイザー』、『サンドマン』、『デッドボーイ刑事』、『ザ・ナズ』(トム・ヴェイチとの共作)などの作品をプロデュース。その他の作品には、グランドヴィル・シリーズ、グラフィック・ノベル『Alice in Sunderland』、『Dotter of Her Father's Eyes 』(メアリー・タルボットとの共著)、自伝『Bryan Talbot』などがある:英国グラフィック・ノベルの父)などがある。

ロン・ターナー (1940)

ロン・ターナーは1970年、サンフランシスコを拠点にローブロー・アートとカウンターカルチャーに焦点を当てた書籍出版社、ラスト・ガスを設立した。この50年間、ラスト・ガップはアンダーグラウンドのコミックスや書籍の出版社、ディストリビューター、卸売業者として活動してきた。スロー・デス』、『ウィメンズ・コミックス』、『ビンキー・ブラウン・ミーツ・ザ・ホーリーヴァージン・メアリー』、『エアパイレーツ』、『イット・エイント・ミー・ベイブ』、『ウィアード』といった注目すべきオリジナル・タイトルの出版に加え、『ザップ・コミックス』や『ヤング・ラスト』など、廃業したライバルの重要タイトルの出版を引き継いだ。同社は画集、写真集、グラフィック・ノベル、漫画翻訳、小説、詩を出版している。

ジョージ・タスカ(1916-2009)

ジョージ・タスカのプロとしての最初の仕事は1939年、新聞ストリップ『スコーチー・スミス』のアシスタントになったときだった。同時にアイガー・アイズナー・スタジオに入社。そこで『 ジャングル』、『ウィングス』、『プラネット』、『ワンダーワールド』、『ミステリー・メン 』など、さまざまなコミックのストーリーを手がけた。1940年代には、ハリー・"A"・チェスラー・スタジオの一員として、キャプテン・マーベル、ゴールデン・アロー、アンクル・サム エル・カリムなどのエピソードを描いた。戦後もコミックの分野で活躍し、チャールズ・ビロの『Crime Does Not Pay 』、『Black Terror』、『Crimebuster』、『Doc Savage』で印象的なストーリーを描いた。また、1954年から1959年までScorchy Smithのメイン・アーティストとなり、1967年までBuck Rogersのストリップを引き継いだ。1960年代後半、タスカはマーベルで仕事を始め、『ゴーストライダー』、『猿の惑星』、『X-MEN』、『デアデビル 』、『 アイアンマン』に貢献した。DCでは スーパーマン、スーパーボーイ 未知への挑戦者たちなどの スーパーヒーロー漫画を描き続けた。1978年、ジョゼ・デルボ、ポール・クッパーバーグ、マーティン・パスコとともに、日刊スーパーマン・コミックの新バージョンを創刊し、1993年まで担当した。

リン・ヴァーレイ (1958- )

リン・ヴァーリーは受賞歴のあるカラリストであり、元夫である作家/アーティストのフランク・ミラーとのコラボレーションで知られている。ミラーの『Ronin』(1984年)はDCコミックスの実験的な6号シリーズで、『Batman: The Dark Knight Returns』(1986年)は商業的にも批評的にも大成功を収めた4号ミニシリーズである。その後、ヴァーレイは『バットマン:ダークナイトの逆襲』、『300』、『エレクトラ・ライヴズ・アゲイン 』、 『ビッグ・ガイと少年ロボット・ラスティ』(ジェフ・ダロウとの共作)など、ミラーの他の作品のカラーリングを担当した。

ジェームズ・ウォーレン(1930)

ジェームズ・ウォーレンは、1950 年代から 1960 年代にかけて、コミックス界 のほぼすべての人々に影響を与えた雑誌『Famous Monsters of Filmland』を発行し、その後、1960 年代から 1980 年代にかけて、『Creepy』、『Eerie』、『Blazing Combat』、『Vampirella』、 The Spirit 』といった影響力のあるコミックス雑誌を発行した。 これらの雑誌で注目されたクリエイターには、アーチー・グッドウィン、ルイーズ・ジョーンズ(サイモンソン)、フランク・フラゼッタ、アル・ウィリアムソン、スティーブ・ディトコ、ジーン・コラン、バーニー・ライトソン、ビリー・グラハム、ニール・アダムス、ウォーリー・ウッド、アレックス・トス、ジョン・セヴリン、ラス・ヒースなどがいる。


2024年度アイズナー賞の審査員が決定

6人の漫画専門家が指名委員会を構成

Comic-Conは、2023年に出版された作品の中から優れた作品を表彰する2024年ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードの審査員が決定したことを発表します。今年の審査員は、ライアン・クレイター、N・C・クリストファー・カウチ、アンドレア・ギルロイ、ジョセフ・イリッジ、マティアス・ルイス、ジリアン・ルーデス:

ライアン・クレイターのイメージ

ライアン・クレイターは 、ミシガン州立大学のコミック・アートおよびグラフィック・ノベル副専攻のコーディネーター兼助教授で、コミック・スタジオのコースを教え、美術学部と英語学部の間で学際的なコミック副専攻の開発の陣頭指揮を執っている。漫画家としてのクレイターの業績には、6つのスモールプレス賞とオルタナティヴ・コミックス・エキスポ賞、リンゴ・コミック産業賞への2度のノミネートなどがある。受賞歴のある自伝的シリーズ『And Then One Day』などの自費出版ノンフィクション・コミックや、『Coin-Op Carnival: Electrifying Tales of Mechanical Contraptions』『A Hunter's Tale』などの共同制作でも知られる。


N.C.クリストファー・カウチの画像

N.C.クリストファー・カウチは コロンビア大学教授(Ph.D.)、作家、キュレーター、ベテランのコミックブックおよびグラフィック・ノベル編集者。主な著書にジェリー・ロビンソン Ambassador of Comics 』(エイブラムス・コミックアーツ)、『 The Will Eisner Companion』(スティーブ・ワイナーとの共著、DCコミックス)などUMass Amherst、Amherst College、School of Visual Artsでコミック、グラフィック・ノベル、SF、映画、ネイティブ・アメリカン美術史の講義を担当。アメリカ自然史博物館( )、スミス・カレッジ博物館、UMassで展覧会のキュレーションを担当。Kitchen Sink Pressのシニアエディター、CPM Mangaの編集長を務めた。


アンドレア・ジルロイのイメージ

アンドレア・ギルロイは オレゴン州ユージーンにあるBooks With Picturesのオーナー。店をオープンする以前は学問の世界に身を置き、コミックスの歴史とコミックスがアイデンティティを表現する方法について研究した論文を完成させ、2015年にオレゴン大学で比較文学の博士号を取得した。2016年から17年にかけてオレゴン大学コミック&カートゥーン研究プログラムの暫定ディレクターを務めるなど、コミック教育者としても活躍。また、International Comics Art Forumの理事や、Marvel: A Universe of Superheroes 展のアシスタント・キュレーターも務めた。2020年には小売業に転身し、コミックの力とファンの情熱を利用してコミュニティを築くスペースを構築する。


ジョセフ・イリッジの画像

ジョセフ・イリッジのコミック界でのキャリアは、画期的な出版社マイルストーンからDCコミックスのバットマン・フランチャイズ、ヘビーメタル誌まで幅広い。ハーパーコリンズから新たに発表されたハリエット・タブマンの中学生向けグラフィック・ノベルの作家であり、Humanoidsからプリンスと80年代音楽についての歴史フィクション・グラフィック・ノベル「MPLS Sound」の作家であり、サイモン&シュスターから子供向けグラフィック・ノベル「Judge Kim and the Kids Court」シリーズの共著者でもある。コミックブック法律擁護基金の理事。


マティアス・ルイスのイメージ

マティアス・ルイスは 、小売店、ジャーナリスト、ライター、フラッター、ダイレクト・マーケット・コンサルタントとして、25年以上コミック業界に携わってきた。カリフォルニア州サンマルコスのKnowhere Games and Comicsのオーナー。


ジリアン・ルーデスのイメージ

ジリアン・ルーデスは 、マンガの読者リストを提供し、マンガのウェブセミナー、ワークショップ、パネルを開催する組織、Manga in Librariesの創設者である。2023年、彼女の著書『Manga in Libraries:A Guide for Teen Librarians 』を米国図書館協会より出版。現在、ニューヨーク市の6年生から12年生の公立学校で学校司書を務める。クイーンズ・カレッジの図書館情報学大学院でマンガの授業を担当し、現在、IMLS(Institute of Museum and Library Services)の研究助成金を受けている。

審査員は、Comic-Conの理事会、スタッフ、各部署から構成されるアワード小委員会によって選出される。審査員は、クリエイター、小売業者、学者・歴史家、ジャーナリストなど、コミック業界のあらゆる側面を代表する人物が選ばれる。アイズナー殿堂の審査は、別の審査委員会が担当している。

審査員は、アイズナー賞の投票用紙に掲載される候補作を約30部門で選出する。その後、コミック業界の専門家による投票が行われ、7月に開催されるコミコンでの授賞式で結果が発表される。


アイズナー賞、2024年の応募受付を開始

コミコン、3月15日締め切り

コミックブックと大衆芸術の世界的イベントであるコミコン・インターナショナル(コミコン)は、2024年ウィル・アイズナー・コミックス・インダストリー・アワードの審査員による選考のため、作品応募を受け付けていることを発表した。

暫定部門は、最優秀短編小説賞、最優秀単行本/単発作品賞、最優秀継続シリーズ賞(少なくとも2号が2023年に出版されていること)、最優秀限定シリーズ賞(少なくともシリーズの半分が2023年に出版されていること)、最優秀新シリーズ賞、最優秀限定シリーズ賞、最優秀キッズ/ティーン向け出版物賞、最優秀アンソロジー賞、最優秀ユーモア出版物賞、最優秀米国版作品賞、最優秀グラフィックアルバム-新作、最優秀グラフィックアルバム-再版、最優秀リアリティベース作品賞、最優秀回顧録、最優秀他媒体からの翻案、最優秀デジタルコミック賞、最優秀ウェブコミック賞、最優秀アーカイブコレクション賞。ベスト・グラフィック・アルバム-新作、ベスト・グラフィック・アルバム-再版、ベスト・リアリティ・ベース作品、ベスト・回顧録、ベスト・他媒体からの改作、ベスト・デジタルコミック、ベスト・ウェブコミック、ベスト・アーカイブ・コレクション、ベスト・ライター、ベスト・ライター/アーティスト、ベスト・ペンシラー/インカー(個人またはチーム)、ベスト・ペインター(インテリアアート)、ベスト・レタリング、ベスト・カラーリング、ベスト・カバーアーティスト、ベスト・コミック関連書籍または定期刊行物、ベスト・学術/アカデミック作品、ベスト・出版デザイン。審査員の判断により、各部門の追加、削除、組み合わせができる。

出版社は、1つの部門に最大5人の候補者を提出することができ、同じアイテムまたは人物を複数の部門に提出することができる。出版社の各印刷会社、ライン、または子会社は、それぞれ独自のエントリーを提出することができる。出版社がすでに廃業しているか、推薦プロセスに参加する見込みがない場合、クリエイターは選考のために資料を提出することができる。複数のカテゴリーにノミネートされる場合でも、各作品は1部のみ提出する必要があります。また、作品のPDFも歓迎する。カバーレターには、提出する作品とカテゴリーを明記し、提出する個人または企業の郵送先住所とEメールアドレスの両方を記載すること。(カバーレター作成のガイドラインは、ダウンロード可能な募集要項のpdfに記載されています)。応募料は無料。

物理的な提出物はすべて、3月15日の締め切りまでにComic-Con, 4375 Jutland Drive, San Diego, CA 92117のアイズナー賞事務局、ジャッキー・エストラーダ宛に送付すること。審査員への直接の送付はご遠慮ください。なお、この住所は2023年より新しくなりました。

最優秀デジタル・コミック部門と最優秀ウェブ・コミック部門は、2023年中にオンラインに投稿された、プロが制作した長編の新作オリジナル・コミック作品を対象とする。「デジタルコミック」とは、オンラインで閲覧またはダウンロード可能なコミックまたはグラフィック・ノベルの完結号を指す。「ウェブ・コミック」とは、オンラインで連載されるコミック(日刊や週刊など)、および/または、従来のコミック本のページ以外のフォーマットを使用し、オンラインであることの利点を生かしたコミックストーリー(横書き、スクロールなど)を指します。URLと必要なアクセス情報は、アイズナー賞の管理者であるジャッキー・エストラーダ(jackie@comic-con.org)までEメールでお送りください。

アイズナー賞候補作は5月に発表され、クリエイター、編集者、出版社、流通業者、小売業者などコミック業界のプロフェッショナルを対象にオンライン投票が行われる。結果は7月26日(金)にコミコンで開催される授賞式で発表される。

アイズナー賞の詳細については、ダウンロード可能なPDFをご覧ください。


ウィル・アイズナー・コミック産業賞の殿堂入り、審査と授賞式は別枠に

ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードは、2024年に36回目を迎える。毎年、審査員団が30以上の部門のノミネート作品を選出し、コミック業界のプロフェッショナルたちの投票によって受賞者が決定される。トロフィーは、コミコンの金曜夜に行われる授賞式で手渡される。

殿堂入りのための審査は、オンライン投票によるノミネートだけでなく、審査員によって選出される自動選出者も含まれるようになりました。これらの人物は、コミックブック/グラフィックストーリーテリングというメディアに大きく貢献したと審査員が感じた人物であるが、投票者によって選ばれる可能性は低い。この中には、コミックの草創期に活躍した人物や、何度もノミネートされながらまだ殿堂入りしていないクリエイターも含まれている。

殿堂入りの対象となるクリエイターが増えるにつれ(受賞者の最初の重要なプロフェッショナル作品が、受賞年の35年以上前に発表されていなければならない)、近年の審査委員会は、殿堂入り者の数を拡大する必要性を感じている。2022年には6人の審査員と6人の選出された殿堂入り者がいた。2023年には、審査員による選出が15名、選出された殿堂入りが4名となった。

2023年の受賞者増に対応するため、コミコンの金曜朝に別の殿堂セレモニーが設けられた。そうすることで、各殿堂入り者がより注目されるようになり、他の32部門の金曜夜のセレモニーが短くなった(2022年より45分短縮)。

別個のセレモニーを開催したことは好評で、同様のセレモニーをComic-Con 2024で開催する予定である。また、アイズナー賞の審査員の負担を軽減し、他の部門に集中できるようにするため、殿堂入り審査員も別に用意された。このパネルは、コミックの歴史を専門とする過去のアイズナー賞審査員で構成される。彼らの仕事は、審査員が選ぶ殿堂入り候補者と投票される候補者を2月初旬までに決定することである。(2024年度アイズナー賞の作品募集は1月初旬に行われ、その際に2024年度の審査員が発表される)

殿堂入り審査員は、ウィリアム・フォスター博士、マイケル・T・ギルバート、カレン・グリーン、アロンソ・ニュニェス、ジム・トンプソン、(血縁関係はない)マギー・トンプソン。審査委員会の共同委員長はジムとアロンソ。アイズナー賞事務局長はジャッキー・エストラーダ。

アイズナー賞は、サンディエゴ・コミック・コンベンションの組織の一部として、毎年夏のコミコン期間中に開催される。


2024 ウィル・アイズナー・コミック産業殿堂審査員

ウィリアム・フォスター

ウィリアム・H・フォスター3世は、コネチカット州ウォーターベリーにあるナウガタック・バレー・コミュニティ・カレッジの英語教授を退職。長年のコミック・コレクターであり研究者でもあるフォスター教授は、CNNニュースとナショナル・パブリック・ラジオの専門家コメンテーターとして活躍。マサチューセッツ州ノーサンプトンにあるWords and Pictures Museum of Fine Sequential Artのために、コミック・ストリップとコミック・ブックにおける黒人の歴史的イメージに関するコンサルタントを務めた。コミックにおける黒人に関する2冊のエッセイ集の著者:Looking for a Face Like Mine 』と『 Dreaming of a Face Like Ours 』。2014年にはアイズナー賞の審査員を務めた。

マイケル・T・ギルバート

スーパーマン、バットマン、ドクター・ストレンジ、ドナルド・ダック、スポンジ・ボブ、マイケル・ムアコックの剣と魔法のアンチヒーロー、メルニボーンのエルリックなど、さまざまなキャラクターを執筆し、イラストを描いてきた。1983年以来、マイケルの代表的なキャラクターは、勇敢なモンスター・ファイター、ミスター・モンスターである。過去25年間、ギルバートはロイ・トーマスのアルターエゴ誌にコミックブックの歴史に関するコラム(「Mr. Monster's Comic Crypt」)も書いている。2014年にはダーク・ホース社でフィクション・ハウスの『The Secret Files of Dr. Drew』シリーズを集めた本を編集した。最近では、幻のゴールデンエイジ・シリーズを復刻したファンタグラフィックスの書籍『Tops』を編集した。2014年にはコミコンでインクポット賞を受賞。1994年にはアイズナー賞の審査員を務めた。

カレン・グリーン

カレン・グリーンはコロンビア大学のコミック・漫画キュレーター。2005年以来、クリス・クレアモント、アル・ジャフィー、ハワード・クルーゼ、ジェリー・ロビンソン、S・クレイ・ウィルソン、ウェンディ&リチャード・ピニ、キッチン・シンク・プレスなどの原画や論文を含むコレクションとアーカイブの構築に尽力。カレンはコミックスのカンファレンスやコンベンションに積極的に参加し、ドキュメンタリー映画『She Makes Comics』(2014年)を共同制作した。2017年、ニック・スーザニスがオンラインコミック「A Life in Comics」を制作:The Graphic Adventures of Karen Green」をコロンビア・マガジンに寄稿。2011年にはアイズナー賞の審査員を務めた。

アロンソ ヌニェス

アロンソ・ヌニェスは、コミックアートをベースとした教育非営利団体、リトル・フィッシュ・コミックブック・スタジオの創設者である。2009年にスクール・オブ・ビジュアル・アーツを卒業し、10年以上にわたってあらゆる形態のコミックを教え、提唱してきた。サンディエゴ・コミック・フェストの代表。2021年度アイズナー賞審査員。

ジム・トンプソン

ジム・トンプソンは独立系のコミックス研究者であり、Comic-ConやWonderConのComic Arts Conferencesやその他のポピュラー・カルチャー・メディアのカンファレンスやコンベンションに頻繁に寄稿し、コミック・ファンジン『Alter Ego』にも寄稿している。1999年から2016年までUSCのデューク大学オフサイト・プログラムのファカルティ・ディレクターを務め、コミックや映画を通してジャンル論を教え、デューク大学の学部カンファレンス「Genre Matters」や「Comic Book Historian's Podcast」の共同創設者でもある。2022年には歴史家、学者、専門家のためのFacebookグループ「A People's History of Comics」を結成。2021年アイズナー賞審査員。

マギー・トンプソン

マギー・トンプソンは自らを "有名人に隣接する受賞歴のあるポップカルチャー・オタク "と語る。4歳のときにコミックを集め始め、18歳のときに先駆的な同人誌『Comic Art』をドン・トンプソンと共同編集。30年にわたる『コミックス・バイヤーズ・ガイド』をはじめ、コミックス関連のさまざまなプロジェクトに携わる中で、収集、執筆、編集を続けてきた。その中には、ファンタグラフィックスの『ポゴ』復刻版の索引や、ジェムストーン・パブリッシングのニュースレター『スクープ』への週刊投稿も含まれる。2015年にはアイズナー賞の審査員を務め、自身も2020年にアイズナーの殿堂入りを果たした。


DCコミックス、2023年アイズナー賞で最多トロフィーを獲得

DCコミックスは、7月21日にヒルトン・サンディエゴ・ベイフロントで開催された第35回ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードで、6つの受賞を果たした。そのうち4つの受賞にバットマンが関わっている:最優秀短編小説賞(ケビン・コンロイとJ・ボーンによる「Finding Batman」)、最優秀単行本賞トム・キングとミッチ・ジェラッズによる「Batman: One Bad Day: The Riddler」)、最優秀継続シリーズ賞(トム・テイラーとブルーノ・レドンドによる「Nightwing」)、最優秀カバーアーティスト賞(レドンド)である。また、「ヒューマン・ターゲット 」(トム・キングとグレッグ・スモールウッド)は、最優秀リミテッドシリーズ賞と最優秀ペンシラー/インカー賞を受賞した。

その他、ケイト・ビートンの『Ducks』(最優秀グラフィック・メモワール賞、最優秀ライター/アーティスト賞、Drawn & Quarterly社)、マージョリー・リューと武田紗奈の『The Night Eaters Book 1』(最優秀グラフィック・アルバム賞、最優秀画家/マルチメディア・アーティスト賞、Abrams ComicArts社)、『Parker:The Martini Edition」(最優秀グラフィックアルバム賞、最優秀出版デザイン賞、IDW)。

プレゼンターには、声優のモーリス・ラマルシェ、アダム・マッカーサーエリック・バウザ、バットマン映画のプロデューサーであるマイケル・ウスラン、俳優のデヴィッド・ダストマルチェイン、フェリシア・デイジャネシア・アダムス=ギニヤード、コメディアンのスティーブン・グリックマン、コミッククリエイターのマーク・バッキンガムウェンディリチャード・ピニ、コミコン特別ゲストのキース・ナイト、 スティーブン・ノトリー、ジョン・センパーデヴィッド・F・ウォーカー、クランペット賞受賞者のビル・モリソンらが名を連ねた。

ボブ・クランペット人道主義者賞は、ボブの娘ルースから贈られ、ベス・アコマンドと スコット・ダンビアに贈られた。ラス・マニング有望新人賞はアーティストのゾーイ・ソログッドに贈られ、ラス・マニング元アシスタントのビル・スタウトが授与した。

第17回ビル・フィンガー賞が マーク・エバニアーによって2人の受賞者に贈られた:バーバラ・フリードランダーと 故サム・グランツマン である。サムの息子トーマスが代理で賞を受け取った。マギー・トンプソン氏は、昨年亡くなったコミコンファミリーの人々への特別な追悼ビデオを紹介した。

ウィル・アイズナー・スピリット・オブ・コミックス・リテイラー賞は、コミックスというアートメディアを地域社会と業界全体の両方でサポートするために卓越した仕事をした店舗に贈られるもので、ジョー・フェラーラによって Cape & Cowl(カリフォルニア州オークランド)が受賞した。受賞したのはオーナーのエイタン・マンホフ氏。

二次会スポンサーはHarperAlley。主要スポンサーは、Gentle Giant Studios、 mycomicshop.comPan-Universal Galactic Worldwide。協賛スポンサーは、Alternate Reality Comics(ラスベガス)、Atlantis Fantasyworld(カリフォルニア州サンタクルーズ)、Diamond Comics DistributorsGolden Apple Comic and Art Foundation

アイズナー賞の管理者であるジャッキー・エストラーダ氏が授賞式の開幕と閉幕を行った。アイズナー賞と授賞式はサンディエゴ・コミック・コンベンションが主催しています。

ウィル・アイズナー・コミック賞受賞者 2023!

最優秀短編小説
"Finding Batman"by Kevin Conroy and J. Bone in DC Pride 2022 (DC)

Best Single Issue/One-Shot
Batman: One Bad Day:リドラー、トム・キング、ミッチ・ジェラッズ(DC)

最優秀継続シリーズ
ナイトウィング、トム・テイラー&ブルーノ・レドンド(DC)

最優秀リミテッド・シリーズ
『ヒューマン・ターゲット』トム・キング、グレッグ・スモールウッド(DC)

最優秀新シリーズ
チップ・ズダルスキー著『パブリック・ドメイン』(イメージ) 

早期読者向け最優秀出版物(8歳まで)
『ハトはジェットコースターに乗る!』(モー・ウィレムス著、ユニオン・スクエア・キッズ)


『Frizzy』(クラリベル・A・オルテガ、ローズ・ブーサムラ著)(ファーストセカンド/マクミラン社

ティーン向け最優秀出版物(13~17歳)
『パワーボムを決めろ!』 ダニエル・ウォーレン・ジョンソン著(イメージ)

最優秀ユーモア出版物
『リベンジ・オブ・ザ・ライブラリアン』トム・ゴールド(ドローン・アンド・クォータリー)著 

最優秀アンソロジー
マット・ボルス編『ザ・ニブ・マガジン』(ニブ)

最優秀リアリティ・ベース作品
グレース・エリス、ハンナ・テンプラー著『Flung Out of Space』(エイブラムス・コミックアーツ)

最優秀グラフィック・メモワール
Ducksケイト・ビートン著『オイルサンドでの2年間』(ドローン・アンド・クォータリー)

最優秀グラフィック・アルバム賞-新作
The Night Eaters, Book 1: She Eats the Night,by Marjorie Liu and Sana Takeda,(Abrams ComicArts)

Best Graphic Album-Reprint
Parker:マティーニ版-ラスト・コール』リチャード・スターク、ダーウィン・クック、エド・ブルーベイカー、ショーン・フィリップス(IDW)

Best Adaptation from Another Medium
ニール・ゲイマン著『騎士道』、コリーン・ドーラン脚色(ダークホース)。

Best U.S. Edition of International Material
Blacksad:フアン・ディアス・カナレス、フアンホ・グアルニド作、ダイアナ・シュッツ、ブランドン・カンダー訳(ダークホース

Best U.S. Edition of International Material-Asia
『シュナの旅』(宮崎駿作、アレックス・デュドク・ドゥ・ウィット訳)(ファーストセカンド/マクミラン社

最優秀アーカイバル・コレクション/プロジェクト・ストリップ(少なくとも20年以上前)
リンダ・バリー著『Come Over Come Over』、『It's So Magic』、ペギー・バーンズ編集『My Perfect Life』(ドローン・アンド・クォータリー誌)

最優秀アーカイブ・コレクション/プロジェクト-コミック本(少なくとも 20 年以上前)
ダイアン・ハンセン編『フランク・フラゼッタのファンタスティック・ワールド』(TASCHEN)

最優秀脚本家
ジェームズ・タイニョン4世『殺戮の家』『サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン』『ウィンド』(BOOM!スタジオ)、『湖上の素敵な家』『サンドマン・ユニバース』(DC)、『クローゼット』『デパートメント・トゥルース』(イメージ):ナイトメア・カントリー』(DC)、『クローゼット』、『デパートメント・オブ・トゥルース 』(イメージ)

最優秀ライター/アーティスト
ケイト・ビートン『Ducks:オイルサンドでの2年間』(ドローン・アンド・クォータリー)

最優秀ペンシラー/インカーまたはペンシラー/インカー・チーム
グレッグ・スモールウッド『ヒューマン・ターゲット』(DC)

最優秀画家/マルチメディア・アーティスト(インテリア・アート)
武田紗名『The Night Eaters:She Eats the Night」(エイブラムス・コミックアーツ);「Monstress」(イメージ)

最優秀カバーアーティスト(複数カバー)
ブルーノ・レドンド、『ナイトウィング』(DC)

Best Coloring
ジョーディ・ベレール『湖上の素敵な家』、『スーサイド・スクワッド』:ブレイズ』(DC);『アントマン』、『ミラクルマン』(ゲイマン&バッキンガム):シルバーエイジ(マーベル) 

最優秀レタリング賞
スタン・サカイ、『兎ようじ』(IDW)

Best Comics-Related Periodical/Journalism
ハッサン・オツマネ・エルハウとティファニー・バブ編集のPanelXPanel誌(panelxpanel.com)

Best Comics-Related Book
チャールズ・M・シュルツ:ベンジャミン・L・クラーク、ナット・ガートラー著『100のオブジェで見るピーナッツの芸術と人生』(シュルツ美術館蔵)

Best Academic/Scholarly Work
The LGBTQ+ Comics Studies Reader:アリソン・ハルソール、ジョナサン・ウォーレン編『Critical Openings, Future Directions』(ミシシッピ大学出版局)

最優秀出版物デザイン
パーカー:マティーニ・エディション-ラスト・コール』デザイン:ショーン・フィリップス(IDW)

Best Webcomic
伝承オリンポス、レイチェル・スマイス著(WEBTOON)

最優秀デジタルコミック
スコット・スナイダー、トゥーラ・ロテイ著『バーンストーマーズ』(コミクソロジー・オリジナルズ)

殿堂入り:
審査員の選択:ジェリー・ベイルズ、トニー・デズニガ、ジャスティン・グリーン、ビル・グリフィスジェイ・ジャクソン、ジェフリー・キャサリン・ジョーンズ、ジャック・カッツ、アライン・コミンスキー・クラム、ウィン・モーティマー、ダイアン・ヌーミン、ギャスパー・サラディーノ、キム・トンプソン、ギャリー・トルドー、モート・ウォーカー、タチヤーナ・ウッド
投票者の選択:ブライアン・ボーランド、アン・ノーセンティ、ティム・セール、ダイアナ・シュッツ 

ボブ・クランペット・ヒューマニタリアン賞ベス・アコマンド、スコット・ダンビア

ラス・マニング有望新人賞ゾーイ・ソログッド

ビル・フィンガー賞(コミック原作部門):バーバラ・フリードランダー、サム・グランツマン

2023年ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワード候補者発表

イメージとDCが最多ノミネート

サンディエゴ - コミコンは、ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワード2023のノミネート作品を発表します。ノミネート作品は2022年1月1日から12月31日の間に出版された作品で、ブルーリボン審査員団によって選出された。

今年もまた、世界中のクリエイターによって制作された、50以上の出版社による約150の印刷物およびオンライン・タイトルのコミックとグラフィック・ノベルが32部門でノミネートされた。

イメージとDCが最多ノミネート:イメージは20部門(うちシェア6部門)、DCは11部門(うちシェア5部門)。イメージのノミネート作品は多岐にわたり、 「クレメンタイン」、「真実の部門」、「地球の中心では孤独だ」、「キラデルフィヤ」、「ラブ・エバーラスティング」、「モンストレス」、「レイン」が複数ノミネートされている。DC部門では、「ヒューマン・ターゲット」と「ナイトウィング」がそれぞれ3部門でトップ。

ファンタグラフィックスは、アーカイブ・コレクション部門を含む9部門にノミネートされ、コミック・ストリップ部門で3部門、コミックブック部門で2部門にノミネートされた。

マーベル・コミックは、短編部門、単行本部門、継続シリーズ部門の各2部門を含む9部門にノミネートされた。 ダークホースは、ジェフ・ルミアの「Mazebook Dark Horse Direct Edition」の2部門(最優秀グラフィックアルバム賞、最優秀出版デザイン賞)を筆頭に、9部門(+2部門)にノミネートされた。

他に複数ノミネートされている出版社は、エイブラムス(7+共有1)、ドローン・アンド・クォータリー(6)、Z2(6)、IDW(5)、ファースト・セカンド(4+共有1)、ペンシルバニア州立大学/グラフィック・ムンディ(4)、アブレイズ(3+共有1)、ヒューマノイド(3+共有1)、アンドリュース・マクミール(3)、トゥーモローズ(3)、VIZメディア(3)、BOOM!(2+共有1)など。 6社がそれぞれ2ノミネート、さらに33社または個人がそれぞれ1ノミネートとなっている。

2つ以上ノミネートされた他のプロジェクトは以下の通り。 ナイト・イーターズ彼女は夜を食べる、マージョリー・リューと武田紗名による「The Night Eaters: She Eats Night」(最優秀グラフィック・アルバム賞、最優秀画家賞、最優秀マルチメディア・アーティスト賞、最優秀レタリング賞;Abrams)、デヴィッド・M・ブーハーとゾーイ・ソログッドによる「Joe Hill'sRain」(最優秀他媒体からの翻案賞、最優秀画家賞、最優秀マルチメディア・アーティスト賞、最優秀カバー・アーティスト賞;Syzygy/Image)。20以上のタイトルが2部門にノミネートされた。

クリエイターでは、ゾーイ・ソログッドがRain』の3部門と回顧録『It's Lonely at the Centre of the Earth』(Image)の2部門、トム・キングが4部門(最優秀ライター賞、最優秀シングルイシュー賞)の計5部門でノミネートされ、トップに立った:バットマン:ワン・バッド・デイリドラー』(DC)、最優秀新シリーズ賞:ラブ・エバーラスティング』(イメージ)、『ベスト・リミテッド・シリーズ』(DC):ヒューマン・ターゲット、DC)。6人のクリエイターが3部門でノミネート。ショーン・フィリップス(最優秀ペンシラー/インカー賞、『Parker: The Martini Edition』(IDW)の2部門)、ブルーノ・レドンド(最優秀ペンシラー/インカー賞、最優秀カバーアーティスト賞、『ナイトウィング』(DC)の最優秀継続シリーズ賞)、マーク・ラッセル(最優秀ライター賞、『スーパーマン 』(DC)の最優秀限定シリーズ賞:スペース・エイジ 』(DC)で最優秀ライター賞、『トラベリング・トゥ・マーズ』(アブレイズ)で最優秀新シリーズ賞)、武田紗名(『ナイト・イーターズ』(エイブラムス)で最優秀画家/マルチメディア・アーティスト賞、最優秀カバー・アーティスト賞、最優秀グラフィック・アルバム賞)、ジェームズ・タイニョン4世(『デパートメント・オブ・トゥルース』(イメージ)で最優秀ライター賞、最優秀継続シリーズ賞、『湖のほとりの素敵な家』(DC)で最優秀限定シリーズ賞)、チップ・ズダースキー(『デアデビル』(マーベル)で最優秀ライター賞、最優秀継続シリーズ賞、『パブリック・ドメイン』(イメージ)で最優秀新シリーズ賞)。また、13人のクリエイターが2部門にノミネートされた。

高名なコミック・クリエイター、ウィル・アイズナーの名を冠したこの賞は、コミックとグラフィック・ノベルにおける最高の出版物とクリエイターに注目し、ハイライトを当てることで35周年を迎える。2023年度アイズナー賞の審査委員は、図書館司書のモニ・バレット氏、教育者/コレクターのピーター・ジョーンズ氏、小売業者のジェン・キング氏、ジャーナリストのショーン・クリーフェルド氏、学者/コミック・クリエイターのA・デイヴィッド・ルイス氏、コミック講師/キュレーターのTJ・シェブリン氏で構成される。

この賞の投票は、2段階のプロセスを経てオンラインで行われる。第一段階は、投票希望者が以下のサイトから応募することである。 https://https://form.jotform.com/230927489799177.フォームに必要事項を記入した後、有権者は投票用紙にアクセスして投票する。以前に登録した人は、自動的に新しい投票用紙に記入するよう招待される。コミック業界のすべてのプロフェッショナルに投票資格がある。投票の締め切りは6月9日。新規投票者が投票に招待されるためには、6月2日までに登録する必要があります。投票方法に関するご質問は、アイズナー賞の管理者であるジャッキー・エストラーダまで下記までお寄せください。 jackie@comic-con.org

アイズナー賞のトロフィーは、コミコン期間中の7月21日夜、サンディエゴ・ヒルトン・ベイフロント・ホテルで開催される授賞式で授与される。

アイズナー賞は、カリフォルニア州の非営利公益法人であるサンディエゴ・コミック・コンベンションの後援のもとで授与されます。サンディエゴ・コミック・コンベンションは、慈善目的のために組織され、コミックスと関連する大衆芸術形態に対する一般大衆の認識と鑑賞を高めることを目的とする非営利教育団体を含む非営利公益法人で、主に芸術と文化に対するコミックスの歴史的かつ継続的な貢献を称えるコンベンションやイベントの開催を通じて、コミックスと関連する大衆芸術形態に対する一般大衆の認識と鑑賞を高めることを目的としています。

2023年アイズナー賞ノミネート
最優秀短編小説賞
  • ジミー・スタンプとデボラ・サントスによる「The Beekeeper's Due」(スコット・スナイダー・プレゼンツ):クロークルーム物語(クロークルーム・コミックス)
  • ケヴィン・コンロイとJ・ボーンによる "Finding Batman" inDC Pride2022 (DC)
  • クリストファー・カントウェルとアレックス・リンスによる「おはよう」(『ムーンナイト』所収):ブラック、ホワイト&ブラッド#4(マーベル)
  • 「Silent All These Years」(マーガレット・アトウッド、デヴィッド・マック著、トーリ・エイモス所収リトル・イアースクエイクス』(Z2)
  • ジョナサン・ヒックマンとマルコ・チェチェットによる「アメイジング・ファンタジー」1000号(マーベル)

ベスト・シングルイシュー/ワンショット
  • バットマン:ワン・バッド・デイリドラー』トム・キング、ミッチ・ジェラッズ(DC)
  • メリー・ジェーン&ブラック・キャット・ビヨンド」ジェド・マッケイ、C・F・ヴィラ(マーベル)
  • ムーンナイトトム・ブレヴォート編『ブラック、ホワイト、アンド・ブラッド』#3(マーベル)
  • ヘザー・アントス編『スタートレック』400号(IDW)
  • ヴィシャス・サークル・ブック1』マッツォン・トムリン、リー・ベルメホ(BOOM!)

最優秀継続シリーズ賞
  • デアデビル』チップ・ズダースキー、マルコ・チェチェット、ラファエル・デ・ラトーレ(マーベル)
  • ジェイムズ・タイニオン4世とマーティン・シモンズによる『デパートメント・オブ・トゥルース』(イメージ)
  • キラデルフィア』ロドニー・バーンズ、ジェイソン・ショーン・アレクサンダー著(イメージ)
  • ジェームズ・タイニオン4世とアルバロ・マルティネス・ブエノ著『湖上の素敵な家』(DC)
  • ナイトウィング』トム・テイラー、ブルーノ・レドンド(DC)
  • レインボー・ロウェル、ロジェ・アントニオ、ルカ・マレスカ、宮沢武史著『シー・ハルク』(マーベル)

ベスト・リミテッド・シリーズ
  • 動物の城」グザヴィエ・ドリソン、フェリックス・デレップ著、イヴァンカ・ハーネンバーガー訳(アブレイズ社)
  • バットマン:ワン・バッド・デイ』デイヴ・ヴィエルゴシュ、ジェシカ・バーベイ編(DC)
  • ヒューマン・ターゲット』トム・キング、グレッグ・スモールウッド(DC)
  • ゲイマン&バッキンガムのミラクルマン:ニール・ゲイマン&マーク・バッキンガム著『シルバー・エイジ』(マーベル)
  • スーパーマン:スペース・エイジ』(マーク・ラッセル、マイケル・オールレッド、ローラ・オールレッド著、DC)

最優秀新シリーズ賞
  • 贖罪の鐘』ジム・ウーズリー、タイラー・B・ラフ著(赤5)
  • ラブ・エバーラスティング』(トム・キング、エルザ・シャレティエ著)(画像
  • パブリック・ドメイン,チップ・ズダースキー作(画像)
  • スタートレック』コリン・ケリー、ジャクソン・ランジング、ラモン・ロサナス(IDW)
  • 火星への旅、マーク・ラッセル、ロベルト・メリ著(アブレイズ)

早期読者向け最優秀出版物(8歳まで)
  • 木の下で晴れた夏』ダヴ著(マグネティック・プレス)
  • フォックス+チックセルジオ・ルジエ著『アップ・アンド・ダウン:アンド・アザー・ストーリーズ』(クロニクルブックス)
  • スザンヌ・ラング、マックス・ラング著『グランピー・モンキー 誰がそれを投げたの
  • ヘイ、ブルース!インタラクティブ・ブック』ライアン・ヒギンズ著(ディズニー/ハイペリオン)
  • ハトはジェットコースターに乗る!』モー・ウィレムス作(ユニオン・スクエア・キッズ)

子供向けベスト出版(9~12歳)
  • アドベンチャーゲーム・コミックスリヴァイアサン』ジェイソン・シガ著(アミュレット/エイブラムス)
  • クラリベル・A・オルテガ、ローズ・ブーサムラ著『Frizzy』(ファーストセカンド/マクミラン)
  • アイラ・トゥ・アイランド』アレクシス・カステラノス著(アテニウム/サイモン&シュスター)
  • ジョナサン・ケース著『リトル・モナークス』(マーガレット・ファーガソンブックス/ホリデイハウス)
  • ジョニー・クリスマス著『スイム・チーム』(ハーパーアレー)

ティーン(13~17歳)向けベスト出版物
  • シェフのキス』(ジャレット・メレンデス、ダニカ・ブライネ著)(鬼
  • ティリー・ウォルデン著『クレメンタイン・ブック・ワン』(イメージ・スカイバウンド社)
  • ドゥ・ア・パワーボム!by ダニエル・ウォーレン・ジョンソン(画像)
  • アリス・オズマン著『ハートストッパー』第4巻(スコラスティック・グラフィックス)
  • ウォッシュ・デイ・ダイアリー』ジャミラ・ロウザー、ロビン・スミス著(クロニクルブックス)

最優秀ユーモア出版
  • クリプティッド・クラブ』サラ・アンダーセン著(アンドリュース・マクミール)
  • カイル・スタークス、アルチョム・トピリン著『I Hate This Place』(Image Skybound)
  • キラー・クイーン』デヴィッド・ブーハー、クラウディア・バルボーニ(ダークホース)
  • ミスター・ロヴェンスタイン・プレゼンツJ.L.ウェストオーバー著『失敗』(イメージ・スカイバウンド)
  • 司書たちの復讐』トム・ゴールド(ドローン・アンド・クォータリー社)

ベスト・アンソロジー
  • クリープショー』アレックス・アントーネ、ジョン・モイサン編(イメージ・スカイバウンド)
  • イラストレイテッド・アルウィアード・アル・ヤンコヴィックの歌』ジョシュ・バーンスタイン編(Z2)
  • マット・ボルス編集『ザ・ニブ・マガジン』(ニブ刊)
  • 感覚:ベックス・オラートン編『スペクトラムの人生』(アンドリュース・マクミール刊)
  • トリ・エイモスランツ・ホーズリー編『リトル・イアースクエイクス・ザ・グラフィック・アルバム』(Z2)

最優秀現実主義作品賞
  • アルフレッド・ヒッチコックサスペンスの巨匠』ノエル・シムソロ、ドミニク・エ 著、モンタナ・ケイン 訳(NBM)
  • アリス・ガイ映画界のファーストレディ」ジョゼ=ルイ・ボッケ、カテル・ミュラー著、エドワード・ゴーヴァン訳(SelfMadeHero)
  • でも私は生きている:シャルロット・シャリエ編『ホロコーストを生き延びた子どもの3つの物語』(トロント大学出版会)
  • グレース・エリス、ハンナ・テンプラー著『Flung Out of Space』(エイブラムス・コミックアーツ)
  • 見えない傷:ジェス・ルリフソン著『グラフィック・ジャーナリズム』(ファンタグラフィックス)
  • ピンボール:ジョン・チャド著『A Graphic History of the Silver Ball』(ファーストセカンド/マクミラン)

最優秀グラフィック・メモワール賞
  • ダウン・トゥ・ザ・ボーン:白血病の物語」カトリーヌ・ピオリ著、J・T・マハニー訳(グラフィック・ムンディ/ペン州立大学出版局)
  • ダックスケイト・ビートン著『オイルサンドでの2年間』(ドローン・アンド・クォータリー刊)
  • 地球の中心は寂しい:ゾーイ・ソログッド著『自伝的グラフィック・ノベル』(イメージ)
  • So Much for Love: How I Survived a Toxic Relationship」ソフィー・ラムダ著、モンタナ・ケイン訳(ファーストセカンド/マクミラン)
  • 聖地獄へようこそ:ルイス・ハンコックス著『My Trans Teen Misadventure』(スコラスティック・グラフィックス)

ベスト・グラフィック・アルバム-新作
  • バリー・ジョーンズ著『ザ・ブック・オブ・ナイア』(エリー&ビーティ刊)
  • ソフィー・バローズ著『クラッシング』(アルゴンキン・ヤング・リーダーズ)
  • マージョリー・リュー、武田紗名著『ナイト・イーターズ』第1巻:彼女は夜を食べる(エイブラムス・コミックアーツ刊)
  • コナー・ステクシュルテ著『Ultrasound』(ファンタグラフィックス)

最優秀グラフィック・アルバム
  • 砂の日々』エーメ・デ・ヨング著、クリストファー・ブラッドリー訳(SelfMadeHero)
  • ジュヌヴィエーヴ・カストレ:全作品」ジュヌヴィエーヴ・カストレ著、フィル・エルヴァラム、アレシャ・ジェンセン訳(ドローン・アンド・クォータリー刊)
  • Mazebook ダークホース・ダイレクト・エディション』ジェフ・ルメール著(ダークホース)
  • ある美しい春の日』ジム・ウッドリング(ファンタグラフィックス)
  • パーカーマティーニ版-ラスト・コール』リチャード・スターク、ダーウィン・クック、エド・ブルーベイカー、ショーン・フィリップス(IDW)
  • スーパースパイ・デラックス・エディション』マット・キント著(ダークホース)

他媒体からの翻案賞
  • 騎士道』ニール・ゲイマン著、コリーン・ドーラン脚色(ダークホース)
  • ジョー・ヒル著、デヴィッド・M・ブーハー、ゾーイ・ソログッド脚色(Syzygy/Image)
  • ネリー・ブライ著、ブラッド・リッカ、コートニー・シー脚色『狂気の館の10日間 』(ギャラリー13/サイモン・シュスター社)
  • トリ・エイモスランツ・ホーズリー編『リトル・イアースクエイクス・ザ・グラフィック・アルバム』(Z2)
  • モスクワ訪問』(ラビ・ラファエル・グロスマン著、アンナ・オルスワンガー、エフゲニア・ネイバーグ脚色)(ターナー

国際的な資料の米国版ベスト
  • ジョルディ・ラフェブレ著、モンタナ・ケイン訳『オールウェイズ・ネヴァー』(ダークホース)
  • ブラックサッドフアン・ディアス・カナレス、フアンホ・グアルニド著、ダイアナ・シュッツ、ブランドン・カンダー訳ダークホース)
  • ダウン・トゥ・ザ・ボーン:白血病の物語」カトリーヌ・ピオリ著、J・T・マハニー訳(グラフィック・ムンディ/ペン州立大学出版局)
  • エスペ著、J.T.マハニー訳『峠』(グラフィック・ムンディ/ペン州立大学出版局)
  • ティキデイヴィッド・アゼンコット、フレッド・ルクレール著、ナネット・マクギネス訳ライフ・ドローン・ヒューマノイド刊)

国際的な資料の米国版ベスト-アジア
  • ブラック・パラドックス」伊藤潤二著、ジョセリン・アレン訳(VIZメディア)
  • ヘルバウンド』1~2巻(ヨン・サンホ、チェ・ギュソク著、ダニー・リム訳、ダークホース刊)
  • ルック・バック」藤本タツキ著、アマンダ・ヘイリー訳(VIZメディア)
  • PTSDラジオ vol.1」中山正明著、アダム・ハーシュ訳(講談社)
  • シュナの旅』宮崎駿著、アレックス・デュドク・ドゥ・ヴィット訳(ファーストセカンド/マクミラン)
  • トーク・トゥ・マイ・バック」山田紫著、ライアン・ホルムバーグ訳(ドローン・アンド・クォータリー刊)

ベスト・アーカイブ・コレクション/プロジェクト-ストリップス(少なくとも20年以上前のもの)
  • ジェイ・ジャクソン著『バングルトン・グリーンとミスティック・コマンドス』(ニューヨーク・レビューコミックス)
  • リンダ・バリー著、ペギー・バーンズ編『カム・オーバー・カム・オーバー』『イッツ・ソー・マジック』『マイ・パーフェクト・ライフ』(ドローン・アンド・クォータリー刊)
  • ジョージ・ヘリマン・ライブラリークレイジー&イグナーツ 1922-1924」ジョージ・ヘリマン著、J・マイケル・カトロン編集(ファンタグラフィックス)
  • マカヌード:ウェルカム・トゥ・エルスホェア』リニアース著、ゲイリー・グロース編集(ファンタグラフィックス社)
  • ポゴ シンジケートコミック全ストリップス:第8巻:Hijinks from the Horn of Plenty(ウォルト・ケリー著、マーク・エヴァニアー、エリック・レイノルズ編)(ファンタグラフィックス社

最優秀アーカイブ・コレクション/プロジェクト-コミック(少なくとも20年以上前のもの)
  • デラックス・ジメネスフアン・ヒメネス著、アレックス・ドノヒュー、ブルーノ・ルシーニュ編『第4の権力とスターの陰謀』(ヒューマノイド社)
  • ダイアン・ハンセン編『フランク・フラゼッタのファンタスティック・ワールド』(TASCHEN)
  • ホーム・トゥ・ステイレイ・ブラッドベリEC小説全集」レイ・ブラッドベリ、他、J・マイケル・カトロン編(ファンタグラフィックス)
  • ザ・シンプソンズ ツリーハウス・オブ・ホラー 不吉なオムニバス 1(エイブラムス・コミックアーツ)
  • ウォルト・ディズニーのスクルージおじさん:ダイヤモンド・ジュビリー・コレクション』カール・バークス:作 デイヴィッド・ガースタイン:編集(ファンタグラフィックス)

ベストライター
  • グレース・エリス『Flung Out ofSpace』(エイブラムス・コミックアーツ)
  • トム・キング、『バットマン:キリング・タイム』、『バットマン:ワン・バッド・デイ』、『ゴッサム・シティ:イヤー・ワン、ヒューマン・ターゲット、スーパーガール:ウーマン・オブ・トゥモロー』(DC);『ラブ・エバーラスティング』(イメージ)
  • マーク・ラッセル『Traveling to Mars』(Ablaze)、『One-Star Squadron』、『Superman: Space Age』(DC)、『The Incal』:サイコバース(ヒューマノイド)
  • ジェームズ・タイニオン4世『殺戮の家』『サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン』『ウィンド (BOOM!ナイトメア・カントリー』(DC)、『クローゼット』、『デパートメント・オブ・トゥルース』(イメージ)
  • チップ・ズダースキー『スティルウォーター』(イメージ・スカイバウンド);『デアデビル』(マーベル)

最優秀作家/アーティスト賞
  • サラ・アンダーセン『クリプティッド・クラブ』(アンドリュース・マクミール)
  • ケイト・ビートン『ダックスオイルサンドでの2年間』(ドローン・アンド・クォータリー)
  • エスペ『ザ・パス』(グラフィック・ムンディ/ペン州立大学)
  • 伊藤潤二『 ブラック・パラドックス』『リミナル・ゾーン』(VIZメディア)
  • ゾーイ・ソログッド『 It's Lonely at the Centre of theEarth』(画像)

最優秀ペンシラー/インカーまたはペンシラー/インカー・チーム
  • ジェイソン・ショーン・アレクサンダー,キラデルフィア, ニタ・ホーズの悪夢ブログ(画像)
  • アルバロ・マルティネス・ブエノ『湖上の素敵な家』(DC)
  • ショーン・フィリップス『 フォロー・ミー・ダウン』『ザ・ゴースト・イン・ユー』(イメージ)
  • ブルーノ・レドンド(ナイトウィング/DC)
  • グレッグ・スモールウッド『ヒューマン・ターゲット』(DC)

最優秀画家/マルチメディア・アーティスト(インテリア・アート)
  • リー・ベルメホ『悪循環』(BOOM!)
  • フェリックス・デレップ『 動物の城』(アブレイズ)
  • ダリア・シュミット『ミスター・プロビデンスの怪夢』(ヨーロッパ・コミックス)
  • 武田紗名『ナイトイーター』:彼女は夜を食べる』(エイブラムス・コミックアーツ)、『モンストレス』(イメージ)
  • ゾーイ・ソログッド『レイン』(Syzygy/Image)

最優秀カバー・アーティスト賞(複数カバーの場合)
  • ジェン・バーテル、シー・ハルク(マーベル)
  • ブルーノ・レドンド(ナイトウィング/DC)
  • アレックス・ロス、アストロ・シティあれはあの時....(イメージ);ファンタスティック・フォー、ブラックパンサー(マーベル)
  • モンスト・武田紗名(画像)
  • ゾーイ・ソログッド『ジョー・ヒルの雨』(Syzygy/Image)

ベスト・カラーリング
  • ジョーディ・ベレール『湖上の素敵な家』、『スーサイド・スクワッド』:ブレイズ』(DC);『アントマン』、『ミラクルマン』(ゲイマン&バッキンガム):シルバーエイジ(マーベル)
  • ジャン=フランソワ・ボリュー『妖精の国は嫌いだ』2022、 小枝(画像)
  • デイヴ・マッケイグ、インカルサイコバース(ヒューマノイド)
  • ジェイコブ・フィリップス『フォロー・ミー・ダウン』『ザ・ゴースト・イン・ユー』『ザット・テキサス・ブラッド』(画像)
  • アレックス・ロス、ジョシュ・ジョンソン『ファンタスティック・フォーフルサークル』(エイブラムス・コミックアーツ)
  • ダイアナ・ソウザ、クリティカル・ロールヴォックス・マキナの起源』、『マイティ・ネインの起源』:ヤーシャ・ナイドーリン; The Mighty Nein Origins:フィヨルド・ストーン;The Mighty Nein Origins:ケイレブ・ウィドガスト(ダークホース)

ベスト・レタリング
  • パット・ブロッソー『バットマン:ナイト』、『ワンダーウーマン』:恐怖の悪役』(DC):クリープショー」「ダーク・ライド」「この場所が憎い」「スカイバウンド・プレゼンツアフタースクール (イメージ・スカイバウンド)
  • クリス・ディッキー『ナイト・イーターズ彼女は夜を食べる』(エイブラムス・コミックアーツ)
  • トッド・クライン『騎士道』(ダークホース)、『フェイブルズ』(DC)、ゲイマン&バッキンガム『ミラクルマン』:シルバーエイジ(マーベル)
  • ネイト・ピエコス,ブラック・ハマー・リボーン, マイナー・スレット, 少林カウボーイ, ストレンジャー・シングス:カムチャッカ」(ダークホース)、「アイ・ヘイト・フェアリーランド」、「小枝」(イメージ)
  • スタン・サカイ『兎ようじ』(IDW)

最優秀コミック関連定期刊行物/ジャーナリズム賞
  • ロイ・トーマス編『アルターエゴ』(トゥーモローズ)
  • ジョン・B・クック編『コミック・ブック・クリエイター 』(トゥーモローズ)
  • ゲイリー・グロース、クリスティ・ヴァレンティ、レイチェル・ミラー編『コミック・ジャーナル』第308号(ファンタグラフィックス社)
  • ハッサン・オツマネ・エルハウとティファニー・バブ編集の『PanelXPanel』誌(panelxpanel.com)
  • ロブ・サルコウィッツ、フォーブス、ICv2、パブリッシャーズ・ウィークリー

ベスト・コミック関連書籍
  • ニュースの芸術:キャサリン・ケルプ=ステビンズ、ベン・サンダース編『コミック・ジャーナリズム』(オレゴン州立大学出版会)
  • チャールズ・M・シュルツベンジャミン・L・クラーク、ナット・ガートラー著『100のオブジェに見るピーナッツの芸術と生涯』(シュルツ美術館蔵)
  • ジョン・B・クック著『チャールトン・コンパニオン』(トゥーモローズ)
  • グラディス・パーカートリーナ・ロビンス著『グラディス・パーカー:コミックとファッションへの情熱』(エルメス出版)
  • 復活:ホセ・アラニズ著『ポスト・ソビエト・ロシアのコミック』(オハイオ州立大学出版会)

最優秀学術作品賞
  • ジョセフ・ベンソン、ダグ・シンセン著『バンディッツ、ミスフィッツ、スーパーヒーロー:アメリカン・コミックとグラフィック・ノベルにおける白人性とその境界』(ミシシッピ大学出版会)
  • エリン・ラ・クール、アンナ・ポレッティ編『グラフィック・メディスン』(ハワイ大学出版会)
  • コミックはいかに旅するか:キャサリン・ケルプ=ステビンズ著『出版、翻訳、ラディカル・リテラシー』(オハイオ州立大学出版会)
  • LGBTQ+コミック研究読本:アリソン・ハルソール、ジョナサン・ウォーレン編『Critical Openings, Future Directions』(University Press of Mississippi)
  • コミックとグラフィックノベルで教える。ティム・スマイス著(ラウトレッジ)

最優秀出版デザイン賞
  • リンネア・ステルテ、オルレ・フォルスロフ、パトリック・クロッティ(PEOW)がデザインした『A Frog in the Fall』(以降『A Frog in the Fall』)
  • ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ 40X40: バッド・レピュテーション/アイ・ラブ・ロックンロール、デザイン:ジョシュ・バーンスタイン、ジェイソン・ウルマイヤー(Z2)
  • Mazebook ダークホース・ダイレクト・エディショントム・ミュラー(ダークホース)デザイン
  • パーカーマティーニ版-ラスト・コール』ショーン・フィリップス(IDW)デザイン
  • トーリ・エイモスローリン・イプサムがデザインした『リトル・イアースクエイクス・ザ・グラフィック・アルバム』(Z2)

ベスト・ウェブ・コミック

最優秀デジタルコミック賞
  • すべてのプリンセスは夜明け前に死ぬ」クエンティン・ズッティオン著、M・B・ヴァレンテ訳(ヨーロッパ・コミックス)
  • バーンストーマーズ』スコット・スナイダー、トゥーラ・ロタイ(Comixology Originals)
  • サラ・デル・ジュディチェ著、M・B・ヴァレンテ訳『カーテンの向こうに』(ヨーロッパ・コミックス)
  • ジョーダン・ハート、ブルーノ・チロリュー、ジャスティン・ハーダー、シェーン・カドレシック著『リップル・エフェクト』(ファンベース・プレス)
  • 冬の60年」イングリッド・シャベール、エーメ・デ・ヨング著、マット・マデン訳(ヨーロッパ・コミックス)

2023年アイズナー殿堂入り候補者15名が決定

有権者はさらに4人の殿堂入りを選ぶ

サンディエゴ - サンディエゴ・コミック・コンベンション(Comic-Con)は、アイズナー賞の審査員が、2023年に自動的にウィル・アイズナー・コミック賞の殿堂入りを果たす15人を選出したと発表した。これらの殿堂入り者には、11人の故人コミック・パイオニアと4人の存命クリエイターが含まれる。故人の偉人は以下の通り:ジェリー・ベイルズ、トニー・デズニガ、ジャスティン・グリーン、ジェイ・ジャクソン、ジェフリー・キャサリン・ジョーンズ、アライン・コミンスキー・クラム、ウィン・モーティマー、ダイアン・ヌーミン、ギャスパー・サラディーノ、キム・トンプソンモート・ウォーカー。審査員のリビングチョイスは、ビル・グリフィス、ジャック・カッツ、ギャリー・トルドータチヤーナ・ウッド

また、審査員は16名の候補者を選出し、その中から投票者が4名を選び、この夏に殿堂入りを果たす。ノミネートされたのは、ガス・アリオラ、ブライアン・ボーランド、ジェリー・コンウェイ、エドウィナ・デュム、マーク・エヴァニアー、クレイグ・フリーセル、ボブ・フジタニ、ウォーレン・クレマー、トッド・マクファーレン、中沢啓治、アン・ノーセンティ、ポール・ノリス、バド・プラント、ティム・セール、ダイアナ・シュッツフィル・スーリング。殿堂入りと候補者についての詳細は下記をご覧ください。

殿堂入りの投票はオンラインで行われる。セキュリティ強化のため、 2段階の投票プロセスが導入されている。第一段階は、投票希望者が次のサイトから申請することである。 https://form.jotform.com/230927489799177 .フォームに必要事項を記入した後、投票資格のある人は投票用紙にアクセスして投票を行う。 2022年に投票を承認された個人には参加案内が送られ、再登録の必要はない。投票資格があるのは、コミックブック/グラフィック・ノベル/ウェブコミックのクリエイター(作家、アーティスト、漫画家、ペンシラー、インカー、レタラー、カラリスト)、コミックブック/グラフィック・ノベルの出版社および編集者、コミックの歴史家および教育者、グラフィック・ノベルの図書館員、コミック本専門小売店のオーナーおよびマネージャーなど。投票締め切りは4月28日。投票には4月18日までに登録が必要。投票プロセスに関する質問は、アイズナー賞管理者のジャッキー・エストラーダまで。 jackie@comic-con.org

2023年度アイズナー賞審査委員会は、図書館員のモニ・バレット、教育者/コレクターのピーター・ジョーンズ、小売業者のジェン・キング、ジャーナリストのショーン・クリーフェルド、学者/コミック・クリエイターのA・デイビッド・ルイス、講師/キュレーターのTJ・シェブリンで構成される。

アイズナー殿堂入りトロフィーは、7月21日の朝、コミコン期間中の特別プログラムで授与される。これは、殿堂入りが金曜夜のアイズナー賞授賞式の一部であった例年からの変更である。今年は、殿堂入りの受賞者が昼間に特別なスポットライトを浴びることになり、より多くのファンに参加する機会を与えることになる。


2023年アイズナー殿堂入り審査員の選出作品

これらの人物は自動的に殿堂入りとなる。

死亡した殿堂入り者

ジェリー・ベイルズ(Jerry Bails)
「コミック・ブック・ファンダムの父」として知られるジェリー・ベイルズは、コミッ ク・ブックを学術研究に値するテーマとして最初に取り上げた一人であり、 1960 年代のコミック・ファンダムを確立した主要な力であった。彼はファンジン『オルター・エゴ』(Alter-Ego)、『ザ・コミッ コレクター』(The Comicollector)、『オン・ザ・ドローイング・ボード』(On the DrawingBoard)の創刊編集者でありコミックの最新ニュースを紹介するために作られた長寿ニュースジン『ザ・コミッ ク・リーダー』(The Comic Reader)の前身である。その後、コミックファン&コレクターズ・アカデミーの設立を主導した。もうひとつの重要な貢献は、1973年から1976年にかけて全4巻で出版された『Who's Who of American ComicBooks』である。

Tony DeZuniga (1932-2012)
トニー・デズニガは、アメリカの出版社に作品が受け入れられた最初のフィリピン人コミック・ブック・アーティストであり、1970年代初頭に他の多くのフィリピン人アーティストをアメリカのコミック業界に勧誘するのに貢献した。ジョナ・ヘックス』と『ブラック・オーキッド』の共同制作者として知られる。デズニガはDCとマーベルを行き来し、ジョナ・ヘックスとコナンだけでなく、ドク・サベージ、ソー、X-MEN、スワンプ・シング、バットマン、ドラキュラ、アイアンマン、ドクター・ストレンジ、レッドソニア、パニッシャー、スパイダーマンなど多くの有名キャラクターを描いた。

Justin Green (1945-2022)
ジャスティン・グリーンは、1972 年に発表されたアンダーグラウンドタイトル『Binky Brown Meets the Holy Virgin Mary』で最も有名である。この自伝的コミック本は、1950年代のシカゴでカトリック教徒として育ったという枠組みの中で、強迫性障害として知られる強迫神経症と闘うグリーンの姿を詳細に描いた。個人的な苦悩を強烈なグラフィックで描いたこの作品は、それまでコミックの形で登場したことはなく、他の漫画家や、文学としてのコミックの将来の方向性に大きな影響を与えた。このアンダーグラウンド・コミックスのパイオニアは、『Bijou Funnies』、『Insect Fear』、『Arcade』、『Young Lust』、『Sniffy Comics』などのタイトルにも寄稿していた。1990年代、グリーンはタワーレコードの社内雑誌『Pulse!このシリーズは10年間続き、後に『Musical Legends』として収録された。

ジェイ・ジャクソン(1905-1954)
ジェイ・ポール・ジャクソンはアフリカ系アメリカ人のアーティストで、『アメイジング・ストーリーズ』やファンタスティック・アドベンチャーズ』といったSF雑誌のイラストレーターとして働くかたわら、『シカゴ・ディフェンダー』紙で長年活躍した。ジャクソンは1945年1月6日、『シカゴ・ディフェンダー』誌に掲載された「最も古く、最も長く続いている黒人漫画」 バングルトン・グリーンで、初の黒人スーパーヒーローを世界に紹介した。バングルトン・グリーンは、キャラクターの名前であると同時にストリップの名前でもあり、ジャクソンが常に戦ってきた白人たちの容赦ない抑圧と、あらゆる点で対等であり、優れているとさえ言える、黒人の理想を文字どおり具現化したものとなった。

Jeffrey Catherine Jones (1944-2011)
ジェフ・ジョーンズは1964年にコミックの創作を開始。ジョージア州立大学在学中に同級生のメアリー・ルイーズ・アレクサンダーと出会い、1966年に結婚。卒業後、夫妻はニューヨークに移り住むが、1970年代初頭に離婚(作家/編集者のルイーズ・ジョーンズ・サイモンソンは2020年にアイズナーの殿堂入り)。ニューヨークでジョーンズは、キング・コミック、ゴールド・キー、クリーピー、不気味ヴァンパイアラ、そしてウォーリー・ウッドのウィツェンドで絵を描く仕事を見つけた。ナショナル・ランプーンが創刊された1970年代初頭、ジョーンズは『 イディール』というストリップを掲載した。1975年から1979年まで、ジョーンズはバーニー・ライトソン、バリー・ウィンザー=スミス、マイケル・W・M・カルタとワークスペースを共有し、総称して「スタジオ」と名付けた。1980年代初頭までに、ジョーンズは『ヘビーメタル』に「アイム・エイジ」というタイトルのストリップを連載。1990年代後半、ジョーンズは女性ホルモンの投与を開始し、性別適合手術を受けた。2011年5月に逝去。

アライン・コミンスキー=クラム(1948-2022)
コミンスキー=クラムは1948年、ニューヨーク州ロングアイランドでアライン・ゴールドスミスとして生まれる。1971年にサンフランシスコに移住し、ウィメンズ・コミックスを設立した女性だけの集団に加わり、アンソロジー創刊号にストーリーを寄稿。1975年、彼女はウィメンズ・コミックスを離れ、同じ元貢献者であるダイアン・ヌーミンとともに『ツイステッド・シスターズ』を創刊した。コミニスキーは1978年にロバート・クラムと結婚したが、その数年後、ふたりの生活を描いたコミック『ダーティ・ランドリー』を共同制作し始めた。アリーンは彼女自身のキャラクター「ザ・バンチ」を描き、後に『ラブ・ザット・バンチ』に収録された。1981年、彼女はクラムのアンソロジー『Weirdo』の編集長に就任し、1993年の完結まで同シリーズの編集者を務めた。1990年、クラム夫妻は南フランスの小さな村に移り住み、そこで共同作業を続けた。2007年に出版した回顧録『Need More Love』は批評家から高い評価を得た。

ウィン・モーティマー(1919-1998)
カナダ人アーティスト、ジェームズ・ウィンスロー・モーティマーは1945年にDCコミックスで働き始め、スーパーマン、スーパーボーイ、バットマンが登場するコミックのカバーアーティストとして急速に成長した。1949年にウェイン・ボーリングの後を継いでスーパーマンの新聞ストリップを手がけたが、1956年に同ストリップを離れ、プレンティス・ホール・シンジケートの冒険ストリップ『デビッド・クレーン』を制作。同時期、モーティマーはDCに戻り、『スクーターとスウィング』のようなユーモア作品から、スーパーヒーロー軍団やスーパーガールが主役のスーパーヒーロー長編まで、多種多様なコミックを手がけた。1965年には作家のアーノルド・ドレイクと共同で『スタンリーとその怪物』を制作。1970年代初頭には、他の出版社でフリーランスとして活躍。マーベルでは、TVタイアップの子ども向けコミック『Spidey Super Stories』(1974~1982年)のほぼ全話と、短命だった『Night Nurse』シリーズを描いた。ゴールド・キー・コミックスでは、『Boris Karloff Tales of Mystery』、『The Twilight Zone』、『Battle Of The Planets』などを手がけた。

ダイアン・ヌーミン(1947-2022)
女性アンダーグラウンド漫画家の先駆者ダイアン・ヌーミン(漫画家ビル・グリフィスと結婚)は、彼女のキャラクターであるディディ・グリッツと、画期的なアンソロジーシリーズ『ツイステッド・シスターズ』の編集でよく知られている。ヌーミンのコミックス・キャリアは1970年代初頭に始まり、『Wimmen's Comix』、『Young Lust』、『Arcade』、『Titters』、『Weirdo』など数多くの作品に登場した。ディディが初めて登場したのは、『Short Order Comix』第2号(Family Fun、1974年)の「Restless Reverie」というストーリーである。ヌーミンは、ディディを盾にして、後年ますます自伝的になっていく題材に取り組んだと語っている。最近では、アンソロジー『Drawing Power』を編集した:Women's Stories of Sexual Violence, Harassment, and Survival』(Abrams ComicArts、2019年)は、世界的な#MeToo運動に触発されたものである。同書は2020年アイズナー賞最優秀アンソロジー賞を受賞した。

ギャスパー・サラディーノ(1927-2016)
ギャスパー・サラディーノは1949年にDCに入社し、レタリングおよびロゴデザイ ナーとしてコミック業界で60年以上働いた。416のロゴをデザインし、52,769のコミックページと5,486の表紙にレタリングを施し、411のハウス広告を制作したと計算されている。DCで彼がデザインしたロゴには、スワンプシング、ビジランテ、ファントム・ストレンジャー、メタルメン、アダム・ストレンジ、ハウス・オブ・ミステリー、ハウス・オブ・シークレット、 アンノウン・ソルジャーなどがある。マーベルでは、サラディーノが創作または更新したロゴに、『アベンジャーズ』、『フューリー軍曹とハウリング・コマンドー』、『キャプテン・アメリカとファルコン』、『マーベル・トリプル・アクション』などがある。1970年代初頭、サラディノは当時新刊だった『スワンプ・シング』の内装のレターを担当。スワンプ・シングの特徴的な輪郭のない "垂れ下がった "文字で、キャラクターを指定するフォントの概念を生み出したのは、このシリーズのページだった。

Kim Thompson (1956-2013)
キム・トンプソンは1956年にデンマークで生まれ、豊かで多様なヨーロッ パ・コミックスの出版界で育った。1970年代にアメリカに渡り、すぐにファンタグラフィックスの創始者であるゲイリー・グロースと一緒になり、その後30年間共同出版社を務める。キムは『コミックス・ジャーナル』誌で働き始め1980年代以降のメインストリーム・コミックスとインディペンデント・コミックス出版運動の成長の指針となるニュースレポート、インタビュー、批評、解説の制作を手伝った。1980 年代初頭までに、ファンタグラフィックスは、当時最も高く評価され ていたコミックやグラフィック・ノベルの多くを含むリストを出版し始めた。トンプソンはまた、ヨーロッパのグラフィック・ノベルの最高峰をアメリカに紹介する中心人物でもあり、作品の入手や翻訳に尽力した。

モート・ウォーカー(1923-2018)
モート・ウォーカーは世界で最も有名なギャグ漫画家の一人である。彼の代表的なシリーズである『ビートルベイリー』(1950年~)、『ハイ&ロイスwith ディック・ブラウン』(1954年~)、『ボナーの方舟』(1968年~2000年)という3つの長期連載の有名な新聞コミックを生み出した。モート・ウォーカーはコメディ界のクリエイティブ・スピリットであっただけでなく、自分の職業を愛していた。彼はコミックについて様々なエッセイや本を書いた。それまで名前がなかったコミックのシンボルやイメージの名前を最初に考えたのも彼だった。また、全米漫画家協会(National Cartoonists' Society)を実質的な専門組織へと発展させ、毎年アーティストや作家を称えるルーベン賞(Reuben Award)を設立した。彼は漫画美術館(1974-2002)を設立し、その膨大な原画コレクションは現在、ビリー・アイルランド漫画図書館・博物館の一部となっている。

存命中の殿堂入り者

ビル・グリフィス Bill Griffith (1944- )
ピンヘッドのジッピーのキャラクターで知られるグリフィスは、1969 年にイースト・ヴィレッジの「 アザー・アンド・スクリュー」で最初の作品を発表。彼の最初の主なコミックのタイトルには、『Tales of Toad』や、ロマンス・コミックをパロディにしたベストセラー・シリーズ『Young Lust』などがある。70年代半ばに7号にわたって刊行された『Arcade, The Comics Revue』の共同編集者を務めた。ジッピーの最初のストリップは1970年のReal Pulp #1(Print Mint)に掲載された。ストリップは1976年に週刊化され、最初はバークレー・バーブ紙に掲載され、その後全国にシンジケートされた。現在、日刊ジッピーは世界中の200以上の新聞に掲載されている。最近では、自伝的な『 Invisible Ink』をプロデュースした: My Mother's Love Affair with a Famous Cartoonist』を出版。

ジャック・カッツ Jack Katz (1927- )
ジャック・カッツのキャリアは16歳から始まり、アーチー・コミックスとフォーセットの『Bulletman』でアートを手がけ、1940年代後半にはキング・フィーチャーズでいくつかのストリップのアシスタントを務めた。1950年代初頭、マーベル/アトラス・コミックスのコミック・ブックのペンシラーとして働き始め、1970年代初頭まで続けた。マーベルを中心に、ベター・パブリケーションズでも多くの戦争、ミステリー、ロマンスものの作品を手がけた。カッツは1970年代、DCのロマンス・タイトルやウォーレン・パブリッシングとスカイウォルドのホラー雑誌でも活躍した。それは、人類の宇宙への移住、それに伴う銀河系での戦い、文明が崩壊する前の人類の起源という大きな謎を描いた複雑なSF叙事詩である。カッツは1986年の24号でこのシリーズを完結させた。

ギャリー・トルドー(1948-)
エール大学で学んだトルドーは、『エール・レコード』紙の漫画家兼ライター。彼はまた、1969年にYale Daily News紙に移ったBull Talesという漫画ストリップを創作した。ユニバーサル・プレス・シンジケートがこのストリップを買い取り、『ドゥーンズベリー』というタイトルで全国400以上の新聞社に売り始めた。トルドーはその長いキャリアの中で、同性愛のようなトピックを漫画で扱うという画期的なことをしてきた。また、漫画家の権利の強力な擁護者でもある。1975年、トルドーは漫画家として初めてピューリッツァー賞を受賞し、1996年にはルーベン賞を受賞した。1977年には短編アニメ映画化され、1984年にはブロードウェイ・ミュージカルにもなった。

タチヤーナ・ウッド(1926-)
タチヤーナ・ヴァイントロブは1948年にドイツからニューヨークに移住し、トラファーゲン服飾学校に通う。1949年にコミック・アーティストのウォーリー・ウッドと出会い、1950年に結婚。1950年代から1960年代にかけて、ウッドのアートワークにクレジットされない形で参加することもあった。1969年からはDCコミックスのカラーリストとして幅広く活躍。1973年から1980年代半ばまで、DCの表紙のメイン・カラリストを務めた。グラント・モリソンの『アニマル・マン』、アラン・ムーアの『スワンプ・シング』、『キャメロット3000』など、高く評価されているシリーズの内装を担当。1971年と1974年にシャザム賞の最優秀カラリスト賞を受賞。


2023年アイズナー賞殿堂入り候補者

投票者はこの16人の中から殿堂入りする4人を選ぶ。

ガス・アリオラ(1917-2008)
ガス・アリオラはメキシコをテーマにしたコミック・ストリップ『ゴルド』の作・画を手がけた。このストリップは、メキシコのキャラクターとテーマを大きく取り上げ、非の打ちどころのないアートとデザインで高い基準を打ち立て、新聞で長く成功を収めた(1941年~1985年)。R.C.ハーヴェイは『イエロー・キッドの子供たち』の中で、「そのグラフィックの進化で注目すべきストリップは、ガス・アリオラの『ゴルド』である。エスニック』コミックを制作したパイオニアであるアリオラは、彼自身のメ キシカンの血を引き、国境の南で豆を栽培している小太りの農夫を描いたスト リップを創作した。. . .連載開始当初は、それまでアリオラが手がけていたMGMアニメの大足スタイルで描かれていた。しかし、何年もかけてアリオラは劇的に描き方を変え、ついにはコミックページの装飾的な傑作を生み出し、同僚たちの羨望の的となった。彼は頻繁にストリップを教育的なものにし、メキシコの文化を読者に伝えた。

ブライアン・ボーランド(1951-)
ブライアン・ボーランドは、もともと『ジャッジ・ドレッド』の作品で知られるイギリスのコミック・アーティスト。彼は、1980年代にコミック業界に革命を起こした「ブリティッシュ・インベイジョン」として知られるようになった初期の頃、DCコミックスに採用された最初のイギリス人アーティストの一人であった。DCでの初期の作品のひとつは1982年の『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』200号だが、DC初の "マキシ・シリーズ "である12号のリミテッド・シリーズ『キャメロット3000』の方がよく知られている。また、アラン・ムーア原作のバットマンのグラフィックノベル『The Killing Joke』や、同じくムーア原作のジャッジ・ドレッドとバットマンのコンビも描いている。近年は主にDCのカバーアートを担当。

Gerry Conway (1952- )
ジェラルド・F・"ジェリー"・コンウェイ(Gerard F. "Gerry" Conway)は、コミックやテレビ番組のアメリカ人ライター。マーベル・コミックの自警団「パニッシャー」(アーティストのロス・アンドリューとの共作)や、『アメイジング・スパイダーマン』の長期連載中にグウェン・ステイシーの死を脚本化したことで知られる。また、DCコミックスのスーパーヒーロー、ファイアーストームを(アーティストのアル・ミルグロムと)共同製作したことでも知られ、現代における初の主要な企業間クロスオーバー作品『スーパーマン対アメイジング・スパイダーマン』の脚本を担当した。

Edwina Dumm (1893-1990)
エドウィナ・ダムは、漫画『キャップ・スタッブスとティッピー』を50年近く描き続けた。高校卒業後、エドウィナはコロンバス教育委員会の速記者として働き、クリーブランドのランドン・スクールの漫画通信講座に入学した。コース修了後、彼女は1916年にデイリー・モニターのスタッフ・アーティストとなり、当時毎日社説漫画を描き始めた。彼女は日刊紙の社説漫画家として働いた全米初の女性だった。1918年、ニューヨークに移り、アダムス・シンジケーション・サービスに作品を投稿。彼女の新しい作品『Cap Stubbs and Tippie』は、やんちゃな少年と毛むくじゃらの犬の冒険を描いたもので、1918年に日刊紙として創刊された。1934年には日曜日のページも加わった。エドウィナのニューヨークでの成功は、コミック・ストリップだけにとどまらなかった。彼女は何冊かの本の挿絵を描き、1930年には『ライフ』誌の1月号の表紙を飾るという夢を達成した。エドウィナの功績は1978年、全米漫画家協会の殿堂からゴールド・キー賞を受賞したことで称えられ、この栄誉を受けた唯一の女性となった。

マーク・エバニアー(1952-)
マーク・エバニアーは1969年、偉大なジャック・カービーのアシスタントとしてコミック業界に入る ブラックホーク』、『クロスファイア』、『DNAジェンツ』、『ニュー・ゴッズ』を筆頭に数百冊のコミックを執筆。セルジオ・アラゴネスとは『Groo the Wanderer』で40年以上一緒に仕事をしている。 コミックとアニメーションの歴史家でもある。

Creig Flessel (1912-2008)
クレイグ・フリーセル(Creig Flessel)は、バットマン以前の『Detective Comics』2-17号(1937年4月-1938年7月)をはじめ、多くの最初のアメリカン・コミックの表紙を描いた。彼はその前年、『More Fun Comics』第10号(1936年5月)のストーリーでコミック界にデビューしていた。ゴールデンエイジのサンドマンの初期の冒険を数多く描き、このキャラクターの共同クリエイターとしてクレジットされることもある。DCコミックスの編集者ヴィン・サリヴァンがDCを去り、自身のコミック出版社マガジン・エンタープライズを設立したとき、フレッセルは副編集長として契約した。フ レッセルは 1950 年代までコミックを描き続け、しばしばクレジットされていな いが、スーパーボーイのストーリーをそのキャラクター名のタイトルと『Adventure Comics』の両方で描いたり、アメリカン・コミックス・グループ(ACG)の『Adventures into the Unknown』のアンソロジーのミステリーとサスペンスの物語を描いたりした。

Bob Fujitani (1921-2020)
アーティスト ボブ・フジタニ(日本人とアイルランド人のハーフ)は、1940 年代初頭から様々な出版社でコミックを描いた。ゴールデンエイジには、Ace/Periodical House(Lash Lightning)、Avon(Eerie,western)、Dell (Adventure and historical comics)、Harvey(Green Hornet, Shock Gibson)、Hillman(Flying Dutchman)、Holyoke(Cat-Man),Lev Gleason(Crime Does Not Pay, Two-Gun Kid)、Quality(Black Condor, Dollman)などで活躍。また、ゴールド・キー・シリーズの『Turok, Son of Stone』や『Doctor Solar』の作画でもファンの記憶に新しい。コミック・ストリップの世界では、1960年代と1970年代に日刊『フラッシュ・ゴードン』で、1990年代には日刊『リップ・カービー』でゴースト・インカーとして活躍した。

Warren Kremer (1921-2003)
ウォーレン・クレーマーはブロンクスで看板画家の息子として生まれ、その安定したデッサン力を受け継いだ。工業美術学校で学び、そのまま印刷業界に入り、パルプ雑誌で働く。次第にエース出版でコミックの仕事を手がけるようになり、最初のタイトルは『ハップ・ハザード』だった。その後、ハーヴェイ・コミックスで35年間働き、『キャスパー』、『リトル・マックス』、『ジョー・パルーカ』、『スタンボ・ザ・ジャイアント』、『ホット・スタッフ』、『リッチー・リッチ』、『リトル・オードリー』などの作品を手がけ、一流のペンシラーとなった。1982年にハーヴェイが閉鎖された後、クレーマーはマーベルの子供向け版権であるスター・コミックスで働き、『トップ・ドッグ』、『イウォーク』、『ロイヤル・ロイ』、『プラネット・テリー』、『ダックラ伯爵』などのタイトルに貢献した。

Todd McFarlane (1961- )
トッド・マクファーレン(Todd McFarlane)は1984年にプロとしてコミックを描き始めた。インクレディブル・ハルク』や『アメイジング・スパイダーマン』で成功を収め、やがてマーベルのアーティストとしてトップに躍り出た。マーベルはマクファーレンに、脚本、鉛筆書き、インク書きだけができる新しいタイトルを与えた:スパイダーマンである。創刊号は1990年9月に発売され、250万部以上を売り上げ、史上最も売れたコミックとなった。この驚異的な成功を受けて、彼は1991年8月にマーベルを離れ、自身の出版社を設立した:イメージ・コミックスは、同僚のエリック・ラーセン、ジム・リー、ロブ・リーフェルド、ウィルチェ・ポルタシオ、マーク・シルベストリ、ジム・ヴァレンティノとともに設立した。ここで『スポーン』シリーズを発表し、1997年には映画化、テレビアニメ化もされた。また、トッド・マクファーレン・トイと映画/アニメスタジオを設立。

中沢啓治(1939-2012)
広島に生まれ、1945年の核兵器による被爆時には広島にいた。漫画家になるため1961年に東京に定住。少年画報』、『少年キング』、『ぼくら』などのアンソロジーで最初の漫画を発表。1966年になると、中沢は『黒い雨にうたれて』(フィクション)や『 俺は見た』(自伝的物語)を皮切りに、広島の記憶を漫画で表現し始めた。中沢のライフワークである「はだしのゲン」(1972年)は、日本の漫画として初めて欧米語に翻訳された。はだしのゲン」は2本のアニメ映画と実写テレビドラマ化され、12カ国語に翻訳されている。

アン・ノーセンティ(1957-)
アン・ノーセンティはアメリカのジャーナリスト、映画監督、教師、コミック作家、編集者。1980年代後半のマーベルでの仕事、特にクリス・クレアモントが執筆した『 アンカニーX-MEN』と『ニュー・ミュータンツ』の編集者として4年間在籍したことと、主にジョン・ロミータ・ジュニアがイラストを担当した『デアデビル』のライターとして活躍したことで知られる。アンは、ロングショット、モジョ、スパイラル、ブラックハート、タイフォイド・メアリーといったマーベルのキャラクターを共同制作した。DCコミックスではキャットウーマンも執筆。

ポール・ノリス (1914-2007)
ポール・ノリスはデイトン(オハイオ州)美術学院で学び、1940年にニューヨークに移り、プライズ・パブリケーションズに就職、『パワー・ネルソン』、『フューチャーマン』、『ヤンク・アンド・ドゥードル』のシリーズを創刊。ナショナル社に移籍し、モート・ワイジンガーと『アクアマン』を創刊。1942年、ニューヨーク・デイリーPM紙でヴィック・ジョーダンを引き継ぎ、初めて新聞ストリップを描いた。第二次世界大戦から帰還後、キング・フィーチャーズ・シンジケートに雇われ、フラッシュ・ゴードンやジャングル・ジムが主役のコミックをいくつか手がけた。ノリスはまた、1943年から1946年の間、『シークレット・エージェントX-9』のいくつかのエピソードのアーティストでもあった。彼の大ブレイクは1948年、オースティン・ブリッグスからジャングル・ジムの日曜長編を引き継いだときに訪れた。1952年にはクラレンス・グレイからブリック・ブラッドフォードの日刊ストリップを引き継ぎ、1987年まで続けた。

バド・プラント Bud Plant (1952- )
50年以上にわたってコミックス業界に身を置いてきたバド・プラントは、小売業者、ディストリビューター、出版社を歴任してきた。1972年、バドはジョン・バレット、ロバート・ビアボームとともに、カリフォルニア州バークレーにコミック小売店Comics & Comixを共同設立。1973年、Comics & Comixは、カリフォルニア大学バークレー校のキャンパスで、ベイエリア初のコミック・コンベンション「Berkeleycon 73」の開催を支援した。また、1970年代にはコミックやジンを出版し、特にジャック・カッツの『ファースト・キングダム』を出版した。1970 年代から 1980 年代にかけて、ダイレクト・マーケットが成長する中、コミッ クスの卸売業者として活躍したプラントは、1980 年代には小規模なライバルを吸収し、 1988 年にはダイヤモンド・コミックス・ディストリビューターに事業を売却した。現在もBud Plant's Art Booksとして、質の高い復刻版やグラフィック・ノベルを販売している。彼は最初の48回のサンディエゴ・コミコンに出展したが、2018年に中止した。

Tim Sale (1956-2022)
アーティスト ティム・セールは1983年にコミックの仕事を始め、キャリアの過程でマーベル、DC、ダークホース、ハリス・コミックス、オニ・プレスで働き、バットマン、スーパーマン、ハーレイ・クイン、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカなどのキャラクターをアートで飾った。ジェフ・ローブとともに『バットマン:ザ・ロング・ハロウィーン』、『未知への挑戦者は死ななければならない!』、『スーパーマン・フォー・オールシーズンズ』、『バットマン:ダーク・ビクトリー』、『デアデビル』、『スパイダーマン:イエロー』、『スパイダーマン:ブルー』などを手がけた:イエロー』、『スパイダーマン:ブルー』、『ハルク:グレー』、『キャットウーマン』:キャプテン・アメリカWhite』などがある。1999年、『グレンデル:ブラック、ホワイト、レッド』#1の「悪魔の代弁者」で、作家マット・ワグナーとアイズナー賞短編賞を受賞。また、『Batman: The Long Halloween』で最優秀グラフィック・アルバム賞(リプリント)、『Superman for All Seasons』と『Grendel Black, White, and Red』で最優秀ペンシラー/インカー賞を受賞。

Diana Schutz (1955- )
ダイアナ・シュッツ(Diana Schutz)はカナダ生まれのコミック編集者で、 1981年にバークレーのComics & Comixのニュースレター編集からスタートした。その後、コミコの最盛期に編集長を務め、ダークホース・コミックスに25年間在籍。編集した代表作には、フランク・ミラーの『シン・シティ』『300』、マット・ワグナーの『グレンデル』、スタン・サカイの『うさぎようじんぼ』、ポール・チャドウィックの『コンクリート』、マイク・ミニョーラの『ヘルボーイ』、セルジオ・アラゴネスの『グルー』などがある。編集に加え、多くのフランスやスペインのコミック作品を英語に翻訳している。現在、ポートランド州立大学でコミック史と批評の非常勤講師を務める。

Phil Seuling (1934-1984)
フィル・シューリング(Phil Seuling)は、主に 1970 年代に活躍したコミック・ブックの小売業者、ファン・コンベンションのオーガナイザー、 コミックスのディストリビューターである。彼は、1968 年から毎年 7 月 4 日の週末にニューヨークで開催されていた「ニュ ーヨーク・コミック・アート・コンベンション(New York Comic Art Convention)」の主催者であった。その後、シーゲート・ディストリビューターズ(Sea Gate Distributors)という会社を設立し、当時主流であった、タイトル、数量、配送方法の選択が許されない新聞・雑誌のディストリビューター方式を回避し、コミック専門店に直接コミックを届けるダイレクト・マーケット・ディストリビューション・システムのコンセプトを開発した。1974年のサンディエゴ・コミコンでインクポット賞を受賞。


アイズナー賞、2023年の応募受付を開始

コミコン、3月31日締め切り

世界最大のコミックブックと大衆芸術のイベントであるコミコン・インターナショナル(コミコン)は、2023年ウィル・アイズナー・コミックス・インダストリー・アワードの審査員による選考のため、作品応募を受け付けていることを発表した。

暫定部門は、最優秀短編小説賞、最優秀単行本/単発作品賞、最優秀継続シリーズ賞(少なくとも2号が2022年に出版されていること)、最優秀限定シリーズ賞(少なくともシリーズの半分が2022年に出版されていること)、最優秀新シリーズ賞、最優秀限定シリーズ賞、最優秀キッズ/ティーン向け出版物賞、最優秀アンソロジー賞、最優秀ユーモア出版物賞、最優秀米国版作品賞、最優秀グラフィックアルバム-新作、最優秀グラフィックアルバム-再版、最優秀リアリティベース作品賞、最優秀回顧録、最優秀他媒体からの翻案、最優秀デジタルコミック賞、最優秀ウェブコミック賞、最優秀アーカイブコレクション賞です。ベスト・グラフィック・アルバム-新作、ベスト・グラフィック・アルバム-再版、ベスト・リアリティ・ベース作品、ベスト・回顧録、ベスト・他媒体からの改作、ベスト・デジタルコミック、ベスト・ウェブコミック、ベスト・アーカイブ・コレクション、ベスト・ライター、ベスト・ライター/アーティスト、ベスト・ペンシラー/インカー(個人またはチーム)、ベスト・ペインター(インテリア・アート)、ベスト・レタリング、ベスト・カラーリング、ベスト・カバー・アーティスト、ベスト・コミックス・ジャーナリズム定期刊行物またはウェブサイト、ベスト・コミックス関連書籍、ベスト・学術/アカデミック作品、ベスト・出版デザイン。審査員の判断により、部門の追加、削除、組み合わせができる。

出版社は、1つの部門に最大5人の候補者を提出することができ、同じアイテムまたは人物を複数の部門に提出することができる。出版社の各印刷会社、ライン、または子会社は、それぞれ独自のエントリーを提出することができる。出版社がすでに廃業しているか、推薦プロセスに参加する見込みがない場合、クリエイターは選考のために資料を提出することができる。複数のカテゴリーにノミネートされる場合でも、各作品の提出は1部のみとする。また、作品のPDFも歓迎する。カバーレターには、提出する作品とカテゴリーを明記し、提出する個人または企業の郵送先住所とEメールアドレスの両方を記載すること。(カバーレター作成のガイドラインは、ダウンロード可能な募集要項のpdfに記載されています)。応募料は無料。

物理的な提出物はすべて、締切日の3月31日までにComic-Con International, 4375 Jutland Drive, San Diego, CA 92117のEisner Awards Administrator, Jackie Estradaに送付すること。 審査員への直接の送付はご遠慮ください。これは新しい住所ですので、ステート・ストリートや以前の私書箱への送付はご遠慮ください。

最優秀デジタル・コミック部門と最優秀ウェブ・コミック部門は、2022年にオンラインで投稿された、プロが制作した長編の新作オリジナル・コミック作品を対象とする。「デジタルコミック」とは、オンラインで閲覧またはダウンロード可能なコミックまたはグラフィック・ノベルの全巻を指す。「ウェブ・コミック」とは、オンラインで連載されるコミック(日刊や週刊など)、および/または、従来のコミック本のページ以外のフォーマットを使用し、オンラインであることの利点を生かしたコミックストーリー(横書き、スクロールなど)を指します。URLと必要なアクセス情報は、アイズナー賞の管理者であるジャッキー・エストラーダ(jackie@comic-con.org)までEメールでお送りください。

アイズナー賞のノミネート作品は5月に発表され、クリエイター、編集者、出版社、流通業者、小売業者などコミック業界のプロフェッショナルを対象にオンライン投票が行われる。結果は、7月21日(金)にコミコンで開催される授賞式で発表される。

ここをクリックをクリックしてください。


2023年度アイスナー賞の審査員が決定
6人の漫画専門家が指名委員会を構成

サンディエゴ・コミック・コンベンション(SDCC)は、2022年に出版された作品の中から優れた作品を表彰する2023年ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードの審査員が決定したことを発表しました。授賞式は2023年7月21日(金)のコミコン期間中に開催されます。

今年の審査員は、モニ・バレット、ピーター・ジョーンズ、ジェン・キング、ショーン・クリーフェルド、A・デビッド・ルイス、TJ・シェブリン:


モニ・バレットは16年間公共図書館に勤務した後、LibraryPassでコンテンツ管理および出版社関係のディレクターを務め、図書館、コミック、関係構築に関する専門知識を広めた。非営利団体Creators Assembleの共同設立者、米国図書館協会のGraphic Novel & Comics Round Tableの会長、SDSUの非常勤講師として、コミックや大衆文化の活用による学習促進に尽力している。


ピーター・ジョーンズのイメージ

ピーター・ジョーンズは引退した数学教育者であり、生涯のコミック・コレクター。サンディエゴ・コミック・フェスタをプロデュースする教育非営利団体IPACEリーグの副会長兼会計を務める。1970年3月、グラント・ホテルで開催された第1回サンディエゴ・コミックコンに参加。


ジェン・キングのイメージ

ジェン・キングは30年にわたりコミック業界に身を置き、プラネット・コミックスと現在はヒューストンでスペース・カデッツ・コレクション・コレクションを経営している。Comic Book Shopping NetworkとThe Experienceを共同設立し、業界団体Plan C Distributionを組織した。CBLDFの理事、Bincの財務委員を務め、ComicPROのメンバーでもある。


ショーン・クライフェルドのイメージ

ショーン・クリーフェルドは、マーベル・エンターテインメント、タイタン・ブックス、セイラム・プレス、20世紀フォックスと仕事をしてきた独立系リサーチャー兼ジャーナリスト。ジャック・カービー・コレクター』誌に「Incidental Iconography」コラムを連載中で、MTVやFreakSugarではウェブコミックやコミック・ファンダムに関するコラムを執筆している。2009年の著書 コミックブック人間学は、コミックファンとは誰か、何であるかという問いを扱っている。2020年、ブルームズベリーは、アイズナーにノミネートされた『Comics Studies』シリーズの4冊目となる『Webcomics』を発表した。


A.デヴィッド・ルイスのイメージ

A.アイズナー賞にノミネートされた『American Comics, Religion, and Literary Theory』の著者:The Superhero Afterlife』の著者であり、『Graven Images 』の共同編集者でもある:また、『Graven Images:Religion in Comic Books and Graphic Novels 』と『Muslim Superheroes』の共同編集者でもある:Comics, Islam, and Representation.コミックとグラフィック・ノベルに関する2つの大学図書館コレクションの創設者であるルイス博士は、現在、MCPHS大学芸術科学部のMHS学位のプログラム・ディレクターであり、コミック本やグラフィック・ノベルにおけるガンの描写を中心に、グラフィック・メディシンを教育・研究している。また、『The Lone and Level Sands 』や『Kismet, Man of Fate 』など、第二次世界大戦時のイスラム系スーパーヒーローの現代の冒険を描いたコミックの著者でもある。


TJ・シェブリンのイメージ

TJ・シェブリンはニューヨークのサンマルク・コミックスで8年間マネージャーを務めた。ケビン・イーストマンとともにIDWのコミック・アート・ギャラリーの設立と運営に携わり、イベントや展覧会のキュレーションを担当。現在はアッパーデッキの商品開発コーディネーター。


審査員は、SDCCの理事会、スタッフ、各部署から構成されるSDCC賞小委員会によって選出される。審査員は、クリエイター、小売業者、学者・歴史家、ジャーナリスト、ファンなど、コミック業界のあらゆる側面を代表する人物が選ばれる。

審査員は、アイズナー賞の投票用紙に掲載される候補作を約30部門で選出する。その後、コミック業界の専門家による投票が行われ、7月に開催されるコミコンでの授賞式で結果が発表される。

審査員のための資料提出のガイドラインは、1月後半にコミコンのウェブサイトで発表される。

 ウィル・アイズナー賞は、毎年夏にサンディエゴで開催されるコミコンの期間中にサンディエゴ・コミック・コンベンションによって授与される。


2022年アイズナー賞でウィンザー・スミス、タイニオン4世がトップ受賞

コミコン開催中の7月22日、ベイフロント・サンディエゴ・ヒルトンで開催された第34回ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードで、バリー・ウィンザー=スミスとジェームズ・タイニオン4世がそれぞれ3つのトロフィーを獲得した。スミスのトロフィーは、彼の大作『モンスターズ』(ファンタグラフィックス社刊)で、最優秀グラフィック・アルバム賞(新作)、最優秀ライター/アーティスト賞、最優秀レタリング賞を受賞した。ファンタグラフィックスのゲリー・グロースがスミットに代わって賞を受け取った。タイニオンは、最優秀作家賞受賞のお礼を述べるとともに、彼の共同クリエイターたちとともに、「Something Is Killing the Children」(BOOM!)の最優秀継続シリーズ賞と、「The Nice House on the Lake」(DC)の最優秀新シリーズ賞を受け取った。

   他のクリエイターでは、アーティストのフィル・ヒメネス(『ワンダーウーマン・ヒストリア』で最優秀シングルイシュー賞と最優秀ペンシラー/インカー賞)とP・クレイグ・ラッセル(殿堂入り、『アメリカン・ゴッズ全集』で最優秀グラフィックアルバム/リプリント賞)、ライターのデヴィッド・F・ウォーカー(『ビター・ルート 』で最優秀継続シリーズ賞 『ブラックパンサー党』で最優秀リアリティベース作品賞)が複数の賞を受賞した。

   ウィンザー・スミス( )の受賞により、ファンタグラフィックスは4つのトロフィーを手にした。 DCは3つの受賞と1つの受賞(タイニオン)、イメージは3つの受賞と2つの受賞を分け合った。IDWは、ジュリー&スタン・サカイのちびうさぎ』の早期読者向け最優秀出版物を含む3部門を受賞した:Attack of the Heebie Chibis」。アイアン・サーカスの『You Died: An Anthology of the Afterlife』は、アンソロジー部門と短編部門の両方を受賞した。

残りの受賞者は、他の17の出版社に分散された。受賞者のほとんどは、その場で直接受け取った。

   プレゼンターには、コミック界の巨匠フランク・ミラー、 ニール・ゲイマン、ビル・シエンキウィッツジム・リー、声優・コメディアンのフィル・ラマー、俳優・脚本家・映画監督のトム・レノンコミコン特別ゲストのヘンリー・バラハス、エイミー・チュー、 ジョック、アイズナー賞候補のジョン・ジェニングス、 スコッティ・ヤング、ジャーナリスト・作家のアンジェリーク・ロシェ、クランペット賞受賞者のビル&ケイア・モリソンが名を連ねた。

   デニス・キッチンが殿堂賞を授与した。審査員が選んだのは、マリー・デュヴァルと ローズ・オニール(パイオニア)、マックス・ゲインズ(ひ孫のコリー・ミフスードが受諾)、マーク・グルーエンワルド(未亡人のキャサリン・シュラー・グルーエンワルドが受諾)、そしてアレックス・ニーニョと P.クレイグ・ラッセル(いずれも本人受諾)。選出された6人の殿堂入り者は、ハワード・チェイキン、ケビン・イーストマン、萩尾望都、ラリー・ハマ、デヴィッド・マズッケリグラント・モリソン。イーストマンはトロフィーを受け取るために会場に駆けつけた。

   ボブ・クランペット・ヒューマニタリアン賞は、ボブの娘ルースから贈られ、アニー・コヤマ(フォー)が受賞した。ラス・マニング有望新人賞はアーティストのルアナ・ヴェッキオに贈られ、過去にラス・マニング賞を受賞したジェフ・スミスから授与された。ルースには特別にインクポット賞が贈られた。

   第16回ビル・フィンガー賞が マーク・エバニアーによって2人の受賞者に贈られた:ボブ・ボリングと ドン・リコである。リコの家族が彼に代わって賞を受け取った。マギー・トンプソンは、昨年亡くなったコミコンファミリーの人々への特別な追悼ビデオを紹介した。

   ウィル・アイズナー・スピリット・オブ・コミックス・リテイラー賞は、コミックスというアートメディアを地域社会と業界全体の両方でサポートするために傑出した仕事をした店舗に贈られるもので、ジョー・フェラーラによってブックス・ウィズ・ピクチャーズ(オレゴン州ポートランド)に授与された。受賞したのはオーナーのケイティ・プライド。

         今年のアイズナー賞のタイトルスポンサーはハーパーアレイ。アフターパーティーのスポンサーはタパス・メディア。プリンシパル・スポンサーはジェントル・ジャイアント・スタジオ。協賛スポンサーは、Alternate Reality Comics(ラスベガス)、Atlantis Fantasyworld(カリフォルニア州サンタクルーズ)、Diamond Comics DistributorsGolden Apple Comic and Art Foundation

   アイズナー賞事務局長のジャッキー・エストラーダ氏は、授賞式の開会と閉会を宣言した。

2022年アイズナー賞受賞者

最優秀短編小説賞

泡の中の葬式」ケイシー・ギリー、レイナ・テルゲマイヤー著、『You Died: An Anthology of the Afterlife』(アイアンサーカス)所収

ベスト・シングルイシュー/ワンショット

ワンダーウーマン・ヒストリア:アマゾネス』ケリー・スー・デコニック、フィル・ヒメネス(DC)

最優秀継続シリーズ賞(タイ)

ビター・ルート』デヴィッド・F・ウォーカー、チャック・ブラウン、サンフォード・グリーン著(画像)

サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン」ジェームズ・タイニオン4世、ウェルテル・デレデラ(BOOM!)

ベスト・リミテッド・シリーズ

ポンサック・ピチェットショテとアレクサンドル・テフェンクギによる『グッド・アジアン』(画像)

最優秀新シリーズ賞

湖上の素敵な家』ジェームズ・タイニオン4世、アルバロ・マルティネス・ブエノ著(DCブラックレーベル)

早期読者向け最優秀出版物(8歳まで)

ちびうさぎ:アタック・オブ・ザ・ヒービー・チビス』ジュリー&スタン・サカイ著(IDW)

子供向けベスト出版(9~12歳)

ソルト・マジック』ホープ・ラーソン、レベッカ・モック著(マーガレット・ファーガソンブックス/ホリデーハウス)

ティーン(13~17歳)向けベスト出版物

シン・イン・コー著『ポーおばさんの伝説』(Kokila/ペンギン・ランダムハウス)

最優秀ユーモア出版

マーク・ラッセル、マイク・デオダート・ジュニア著『Not All Robots』(AWA Upshot)

ベスト・アンソロジー

ケル・マクドナルド、アンドレア・パーセル編『You Died: An Anthology of the Afterlife』 (アイアン・サーカス)

最優秀現実主義作品賞

ブラックパンサー党グラフィック・ヒストリー」デイヴィッド・F・ウォーカー、マーカス・クワメ・アンダーソン著(テン・スピード・プレス)

最優秀グラフィック・メモワール賞

ラン:ブック・ワン』ジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン、L・フューリー、ネイト・パウエル(エイブラムス・コミックアーツ)

ベスト・グラフィック・アルバム-新作

モンスターズ』 バリー・ウィンザー=スミス(ファンタグラフィックス)

最優秀グラフィック・アルバム

ニール・ゲイマン、P・クレイグ・ラッセル、スコット・ハンプトン著『コンプリート・アメリカン・ゴッズ 』(ダークホース)

他媒体からの翻案賞

ジョージ・オーウェルの『1984』:フィド・ネスティ脚色(マリナー・ブックス)

国際的な資料の米国版ベスト

ある男の影』ブノワ・ピーテル、フランソワ・シューテン著、スティーブン・D・スミス訳(IDW)

国際的な資料の米国版ベスト-アジア

恋の病伊藤潤二物語集」伊藤潤二著、ジョセリン・アレン訳(VIZメディア)

ベスト・アーカイブ・コレクション/プロジェクト-ストリップス

ポパイE.C.セガー・サンデーズ1巻(E.C.セガー著、ゲイリー・グロース、コンラッド・グロース編)(ファンタグラフィックス社

最優秀アーカイブ・コレクション/プロジェクト-コミック

スコット・ダンビア編『EC Covers Artist's Edition』(IDW)

ベストライター

James Tynion IV『House of Slaughter』『Something Is Killing the Children』『Wynd』 (BOOM! Studios)、 『The Nice House on the Lake』『The Joker』『Batman』『DC Pride 2021』(DC)、『The Department of Truth』(Image)、『Blue Book』『Razorblades』(Tiny Onion Studios)。

最優秀作家/アーティスト賞

バリー・ウィンザー=スミス『モンスターズ』(ファンタグラフィックス)

最優秀ペンシラー/インカーまたはペンシラー/インカー・チーム

フィル・ヒメネス『ワンダーウーマン・ヒストリア アマゾネス』(DC)

最優秀画家/マルチメディア・アーティスト

モンスト・武田紗名(画像)

最優秀カバー・アーティスト

ジェン・バーテル『未来国家不滅のワンダーウーマン 』1号&2号、 『ワンダーウーマン ブラック&ゴールド 』1号、『ワンダーウーマン』80周年記念(DC);女性史月間バリアントカバー(マーベル)

ベスト・カラーリング

マット・ウィルソン『Undiscovered Country』(Image)、『Fire Power』(Image Skybound)、『Eternals』『Thor』『 Wolverine』(Marvel)、『Jonna and the Unpossible Monsters』(Oni)

ベスト・レタリング

バリー・ウィンザー=スミス『モンスターズ 』(ファンタグラフィックス)

最優秀コミック関連定期刊行物/ジャーナリズム賞

WomenWriteAboutComics.com、ウェンディ・ブラウンとノーラ・ファウ編集(WWAC)

ベスト・コミック関連書籍

ダグラス・ウォルク著『驚異のすべて』(ペンギンプレス)

最優秀学術作品賞

コミックとマンガの起源:アイケ・エクスナー著『マンガの起源:マンガの歴史』(ラトガース大学出版部)

最優秀出版デザイン賞

マーベル・コミック・ライブラリースパイダーマン vol. 1: 1962-1964(TASCHEN)

ベスト・ウェブ・コミック

伝承オリンポス」レイチェル・スマイス著(WEBTOON)

最優秀デジタルコミック賞

スノー・エンジェルズ』ジェフ・ルミア、ジョック(Comixology Originals) 

殿堂入り

審査員の選択

マリー・デュヴァル 

ローズ・オニール

マックス・ゲインズ

マーク・グルエンワルド

アレックス・ニーニョ

P.クレイグ・ラッセル

有権者の選択

ハワード・チェイキン

ケビン・イーストマン

萩尾望都

ラリー・ハマ

デビッド・マズッケーリ

グラント・モリソン

ボブ・クランペット・ヒューマニタリアン賞

小山アニー

ラス・マニング有望新人賞:

ルアンナ・ヴェッキオ

ビル・フィンガー優秀コミック賞:

ボブ・ボリング

ドン・リコ

ウィル・アイズナー・スピリット・オブ・コミックス・リテイラー賞:

写真付き書籍、ポートランド、オレゴン州

ケイティ・プライド

ハーパーアレイ・プレゼンツ第2022回ウィル・アイズナー・コミック賞

第34回ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードの授賞式は、7月22日金曜日の夜、コンベンションセンターから南に歩いてすぐのヒルトン・ベイフロントのインディゴ・ボールルームで開催される。

インディゴ・ボールルームの開場は7:45、セレモニーの開始は8:00。イベントへの参加は、バッジとCOVIDリストバンドをお持ちのComic-Con会員であれば無料です。VIP(候補者、スポンサー、プレゼンター)向けの事前座席は7:00から開始される。

アイズナーズコミック界の "アカデミー賞"

コミック界の「アカデミー賞」とも称されるアイズナー賞は、コミッククリエイター・グラフィックノベル作家の先駆者であるウィル・アイズナーにちなんで名づけられ、2021年に出版された作品を対象に32部門に分かれて授与される。全ノミネート作品のリストは、ダウンロード可能なスーベニアブックPDFでご覧いただけます。また、参加者全員にノミネート作品が掲載された記念プログラムもプレゼントされる。

Among presenters at this year’s ceremony are comic book greatsFrank Miller(Batman:ダークナイト・リターンズ』、『デアデビル』、『シン・シティ』、『300』) ニール・ゲイマン(『サンドマン』、『アメリカン・ゴッズ』)、声優・コメディアンのフィル・ラマー(『MadTV』、『サムライ・ジャック』、『フューチュラマ』、『ジャスティス・リーグ』)、俳優・脚本家・監督のトム・レノン(『リノ911』、『怒りの玉手箱』、『ナイト・アット・ミュージアム・シリーズ』)、ベストセラー・グラフィック・ノベル作家のレイナ・テルゲマイヤー(『スマイル』、『アメリカン・ゴッズ』)、ボールズ・オブ・フューリー、ナイト・アット・ザ・ミュージアム・シリーズ)、ベストセラー・グラフィックノベル作家レイナ・テルゲマイヤー(スマイル、ドラマ、ガッツ)、コミック作家ヘンリー・バラハス(ヘルムグレイキャッスル、ギル・ソープ)、アイズナー・ノミネート/学者ジョン・ジェニングス(最優秀脚色賞:Nnedi Okorafor'sAfter the Rain)、ジャーナリスト/作家のアンジェリーク・ロシェ(Marvel's Voices)、ノミネートされたジョック (アーティスト、Snow Angels)とスコッティ・ヤング(ライター、Middlewest、Strange Academy)、コミックとTVライターのエイミー・チュー(DOTA: Dragon's Blood、 Rick & Morty)、クランペット賞受賞者のビルと ケイア・モリソン。今年の殿堂賞のプレゼンターは、ウィル・アイズナー作品を数多く手がける出版社のデニス・キッチン氏。

スポンサー

今年のアワードのタイトルスポンサーは、あらゆる年齢層の読者とつながるキッズ&ティーン向けのグラフィックノベルを出版する、クリエイターを中心としたコラボレーション出版社、ハーパーアレーである:「私たちの作家やアーティストは、そのユニークで視覚的な声と示唆に富むストーリーテリングによって、私たちを定義しています。私たちの作家やアーティストは、そのユニークなビジュアルボイスと示唆に富んだストーリーテリングによって、私たちを定義しています。

主要スポンサーはアイズナートロフィーを製造するジェントル・ジャイアント・スタジオ。協賛は、Alternate Reality Comics(ラスベガス)、Atlantis Fantasyworld(カリフォルニア州サンタクルーズ)、Diamond Comics DistributorsGolden Apple Comic and Art Foundation(ロサンゼルス)。アフターパーティーはTapas Mediaが主催。

その他の賞

アイズナー賞の夜には、他にもいくつかの特別賞が授与される。1984年以来、コミコンは毎年ボブ・クランペット・ヒューマニタリアン賞 (ボブの娘ルースによって授与される)を授与している。今年の受賞者は、コヤマ・プロヴィデスのアニー・コヤマ氏。1982年から授与されているラス・マニング有望新人賞の候補者と受賞者は、過去の受賞者であるジェフ・スミス(『Bone』の作者)によって発表される。また、ジョー・フェラーラ氏が主宰するウィル・アイズナー・スピリット・オブ・コミックス・リテイリング賞も発表される。

ビル・フィンガー賞の授与は今年で18回目となる。2022年の受賞者は、アーチーの作家ボブ・ボリング(「リトル・アーチー」、「アーチーと暮らせば」、「ベティと私」、「サブリナ」)と、 の作家/アーティスト/編集者ドン・リコ(「ジャングルのジャン 」、「 レオパード・ガール 」など多数のコミックを共同制作)。フィンガー賞はマーク・エヴァニアが授与する。フィンガー賞の主要スポンサーはDCコミックス。協賛スポンサーはヘリテージ・オークションズと マギー・トンプソン。 

2022年アイズナー賞ノミネートリスト
第2022回ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワード候補者発表
殿堂入りセレクト6
2022 アイズナー候補
2022年アイズナー審査員決定
2022年アイズナー賞ノミネート

最優秀短編小説賞

泡の中の葬式」ケイシー・ギリー、レイナ・テルゲマイヤー著、『You Died: An Anthology of the Afterlife』(アイアンサーカス)所収

ダニエル・ウォーレン・ジョンソン「Generations」(『スーパーマン』所収):レッド&ブルー5号(DC)

マイケル・カミソンとスティーヴン・アーノルドによる「I Wanna Be a Slob」(『Too Tough to Die 』(Birdcage Bottom Books)所収

「タップ、タップ、タップ」(ラリー・オニール、ホルヘ・フォルネズ著、グリーンアロー80周年記念誌(DC)

トリプル・ドリーム(メル・ヒラリオ、ケイティ・ロングア、ローレン・デイビス)による「トリックスター、裏切り者、ダミー、人形」(『ザ・ニブ』第9号:シークレット(『ザ・ニブ』所収)

ベスト・シングルイシュー/ワンショット(単体で成立するものに限る)

マーベルの声ダレン・シャン編『アイデンティティ#1』(マーベル)

マウス・ガードデイヴィッド・ピーターセン著『フクロウヘンの世話係とその他の物語』(BOOM!/アルカイア)

ナイトウィング 第87号「グレイソン奪取」トム・テイラー、ブルーノ・レドンド(DC)

ヴェル著『狼娘』(クインドリ出版)

ワンダーウーマン・ヒストリア:アマゾネス』ケリー・スー・デコニック、フィル・ヒメネス(DC)

最優秀継続シリーズ賞

ビター・ルート』デヴィッド・F・ウォーカー、チャック・ブラウン、サンフォード・グリーン著(画像)

ジェイムズ・タイニオン4世とマーティン・シモンズによる『デパートメント・オブ・トゥルース』(イメージ)

不滅のハルク」アル・ユーイング、ジョー・ベネット他(マーベル)

ナイトウィング』トム・テイラー、ブルーノ・レドンド(DC)

サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン」ジェームズ・タイニオン4世、ウェルテル・デレデラ(BOOM!)

ベスト・リミテッド・シリーズ

ベータ・レイ・ビルアージェント・スター』ダニエル・ウォーレン・ジョンソン(マーベル)

ポンサック・ピチェットショテとアレクサンドル・テフェンクギによる『グッド・アジアン』(画像)

ホーカス・ポーカス』リチャード・ワイズマン、リック・ワース、ジョーダン・コルヴァー著 hocuspocus.squarespace.com

ラムVとフィリペ・アンドラーデによる『ライラ・スターの数多くの死』 (BOOM!)

野良犬』トニー・フレックス、トリッシュ・フォーストナー(イメージ)

スーパーガールウーマン・オブ・トゥモロー トム・キング、ビルキス・イヴリー(DC)

最優秀新シリーズ賞

ヒューマン・ターゲット』トム・キング、グレッグ・スモールウッド(DC)

湖上の素敵な家』ジェームズ・タイニオン4世、アルバロ・マルティネス・ブエノ著(DCブラックレーベル)

マーク・ラッセル、マイク・デオダート・ジュニア著『Not All Robots』(AWA Upshot)

ラディアント・ブラック』カイル・ヒギンズ、マルセロ・コスタ(イメージ)

ウルトラメガ』ジェームズ・ハーレン著(イメージ・スカイバウンド)

早期読者向け最優秀出版物(8歳まで)

アーロ&ピップス 第2話:カラスの仲間入り!」エリス・グラベル著(ハーパーアレー)

ちびうさぎ:アタック・オブ・ザ・ヒービー・チビス』ジュリー&スタン・サカイ著(IDW)

ブラッド・メルツァー、クリストファー・エリオプロス著『私はオプラ・ウィンフリー』(ダイヤル・ブックス・フォー・ヤング・リーダーズ)

カエティ・ヴァンドーン著『モンスター・フレンズ』(ランダムハウス・グラフィック)

タイニー・テイルズシェル・クエスト」ステフ・ワルド著(ハーパーアレー)

子供向けベスト出版(9~12歳)

ミーガン・ワグナー・ロイド、ミシェル・ミー・ナッター著『アレルギー』 (スコラスティック社)

四拳物語:ベン・タウル著『闘う動物たち』(デッド・レコニング社)

レインボーブリッジ』スティーブ・オーランド、スティーブ・フォクシー、ヴァレンティーナ・ブランカティ著(AfterShock)

ソルト・マジック』ホープ・ラーソン、レベッカ・モック著(マーガレット・ファーガソンブックス/ホリデーハウス)

ソーリャを救うチャン・グエンとジート・ズドゥン著(ダイヤル・ブックス・フォー・ヤング・リーダーズ)

サーフィンの科学:サーフサイド・ガールズによる海のガイド』キム・ドゥイネル著(トップシェルフ)

ティーン(13~17歳)向けベスト出版物

アドーラとその距離』(マーク・ベルナルディン、アリエラ・クリスタンティーナ:著 コミクソロジー・オリジナルズ)

クロックワーク・キュランデラ」第1巻:魔女フクロウ議会(デヴィッド・ボウルズ、ラウル・ザ・サード著)(Tu Books/Lee & Low Books

シン・イン・コー著『ポーおばさんの伝説』(Kokila/ペンギン・ランダムハウス)

ストレンジ・アカデミー」スコッティ・ヤング、ハンバート・ラモス(マーベル)

ウィンド』ジェームズ・タイニオン4世、マイケル・ダイアリナス(BOOM!)

最優秀ユーモア出版

バブル』 ジョーダン・モリス、サラ・モーガン、トニー・クリフ著(ファーストセカンド/マクミラン)

サイクロペディア・エキゾティカ』アミンダー・ダリワル(ドローン・アンド・クォータリー社)

マーク・ラッセル、マイク・デオダート・ジュニア著『Not All Robots』(AWA Upshot)

リック・レメンデルと様々による『卑劣な男』(イメージ)

渇いた人魚たち』キャット・レイ著(ギャラリー13/サイモン&シュスター)

ゾム100:バケット・リスト・オブ・ザ・デッド』麻生羽呂、高田浩太郎著、ノヴァ・スキッパー訳(VIZメディア)

ベスト・アンソロジー

フラッシュフォワードローズ・イヴリースと様々な作家による、ローラ・ドージャー編『フラッシュ・フォワード:可能な(そしてそうではない) 明日への図解ガイド』(エイブラムス・コミックアーツ刊)

マイ・オンリー・チャイルド』ワン・ニン、他著、ワン・サイリ編、エマ・マサラ訳(LICAF/ファンファーレ・プレゼンツ)

銀貨』マイケル・ウォルシュ、他(画像)

スーパーマンレッド&ブルー』ジェイミー・S.リッチ、ブリタニー・ホルツハー、ディーグス・ロペス(DC)

ケル・マクドナルド、アンドレア・パーセル編『You Died: An Anthology of the Afterlife』 (アイアン・サーカス)

最優秀現実主義作品賞

ブラックパンサー党グラフィック・ヒストリー」デイヴィッド・F・ウォーカー、マーカス・クワメ・アンダーソン著(テン・スピード・プレス)

ファビアン・トゥルメ著、ハンナ・シュート訳『ハキムのオデッセイ 第1巻:シリアからトルコへ 』(グラフィック・ムンディ/ペン州立大学出版部)

ルゴシハリウッド・ドラキュラの興亡』コレン・シャドミ著(ヒューマノイド社)

オーウェル』 ピエール・クリスティン、セバスチャン・ヴェルディエ著、エドワード・ゴーヴァン訳(SelfMadeHero)

シーク・ユークリステン・ラドケ著『A Journey Through American Loneliness』(パンテオン/ペンギン・ランダムハウス)

アレックス・レイモンドの奇妙な死」デイヴ・シム、カーソン・グラボー著(リビング・ザ・ライン)

最優秀グラフィック・メモワール賞

ファクトリーサマーズ』 ガイ・デリスル著、ヘルゲ・ダッシャー、ロブ・アスピノール訳(ドローン・アンド・クォータリー社)

エロディ・デュラン著、エドワード・ゴーヴァン訳『Parenthesis』(Top Shelf)

ラン:ブック・ワン』ジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン、L・フューリー、ネイト・パウエル(エイブラムス・コミックアーツ)

セーブ・イット・フォー・レイターネイト・パウエル著『Save for Later:Promises, Parenthood, and the Urgency of Protest』(エイブラムス・コミックアーツ)

アリソン・ベクデル著『超人的強さの秘密』(マリナーブックス)

ベスト・グラフィック・アルバム-新作

ソフィーのためのバラード」フィリペ・メロ、フアン・カビア著、ガブリエラ・ソアレス訳(トップシェルフ)

デストロイ・オール・モンスターズ(無謀な本)」エド・ブルーベイカー、ショーン・フィリップス(イメージ)

ウィル・マクフェイル著マリナー・ブックス)

メドウラークイーサン・ホーク、グレッグ・ルース著『青春犯罪小説』(グランド・セントラル出版)

モンスターズ』 バリー・ウィンザー=スミス(ファンタグラフィックス)

最優秀グラフィック・アルバム

ニール・ゲイマン、P・クレイグ・ラッセル、スコット・ハンプトン著『コンプリート・アメリカン・ゴッズ 』(ダークホース)

ロック&キーキーハウス・コンペンディウム」ジョー・ヒル、ガブリエル・ロドリゲス著(IDW)

ミドルウエストスコッティ・ヤング、ホルヘ・コロナ著『The Complete Tale』(イメージ)

パトリック・ロスファス、ジム・ズブ、トロイ・リトル著『リック・アンド・モーティ vs ダンジョンズ&ドラゴンズ デラックス版』(Oni/IDW刊)

ザ・トゥルー・ライヴズ・オブ・ザ・ファビュラス・キルジョイズ:カリフォルニア・デラックス版』 ジェラルド・ウェイ、ショーン・サイモン、ベッキー・クルーナン著(ダークホース)

他媒体からの翻案賞

ネディ・オコラフォー著ジョン・ジェニングス、デヴィッド・ブレイム脚色(メガスコープ/アブラムス・コミックアーツ)

ジョーダン・モリス、サラ・モーガン、トニー・クリフ著『バブル 』(ファーストセカンド/マクミラン)

ディズニー・クルエラ黒・白・赤』(ハチ・イシイ作、VIZメディア刊)

ジョージ・オーウェルの『1984』:フィド・ネスティ脚色(マリナー・ブックス)

ロバート・トレッセル著『The Ragged Trousered Philanthropists』、ソフィー&スカーレット・リカード脚色(SelfMadeHero)

国際的な資料の米国版ベスト

ソフィーのためのバラード」フィリペ・メロ、フアン・カビア著、ガブリエラ・ソアレス訳(トップシェルフ)

アニエス・ドメルグ、ヘレーヌ・カナック著、マリア・ヴァーレンホルスト訳『雪と狼の間に』(マグネティック社)

愛:マスティフ』フレデリック・ブレモー、フェデリコ・ベルトルッチ(マグネティック)

インコ』 エスペ著、ハンナ・シュート訳((グラフィック・ムンディ/ペン州立大学出版局)

ある男の影』ブノワ・ピーテル、フランソワ・シューテン著、スティーブン・D・スミス訳(IDW)

国際的な資料の米国版ベスト-アジア

チェーンソーマン」藤本タツキ著、アマンダ・ヘイリー訳(VIZメディア)

怪獣8号』松本直也・著 デイヴィッド・エブリン・訳(VIZメディア)

恋の病伊藤潤二物語集」伊藤潤二著、ジョセリン・アレン訳(VIZメディア)

ロボ・サピエンス 明日の物語(オムニバス )」島田虎之助著、アドリアン・ベック訳(セブンシーズ)

スパイ×ファミリー』遠藤達也・著 ケイシー・ロー・訳(VIZメディア)

ゾム100:バケット・リスト・オブ・ザ・デッド』麻生羽呂、高田浩太郎著、ノヴァ・スキッパー訳(VIZメディア)

ベスト・アーカイブ・コレクション/プロジェクト-ストリップス(少なくとも20年以上前のもの)

フライデー・フォスター ジム・ローレンス、ホルヘ・ロンガロン著、クリストファー・マーロン、リッチ・ヤング、ケヴィン・ケトナー編『ザ・サンデー・ストリップス 』(アブレイズ)

ポパイE.C.セガー・サンデーズ1巻(E.C.セガー著、ゲイリー・グロース、コンラッド・グロース編)(ファンタグラフィックス社

シャリー・フレニケン著、ノーマン・ハサウェイ編『トロッツ・アンド・ボニー』(ニューヨーク・レビューコミックス)

禅の道』 C.C.ツァイ:脚色・絵 ブライアン・ブルヤ:訳(プリンストン大学出版部)

最優秀アーカイブ・コレクション/プロジェクト-コミック(少なくとも20年以上前のもの)

スコット・ダンビア編『EC Covers Artist's Edition』(IDW)

さらば、ブリンダヴォワーヌ』タルディ著、ジェナ・アレン訳、コンラッド・グロース編集(ファンタグラフィックス社)

マーベル・コミック・ライブラリースパイダーマン 1巻:1962-1964」スタン・リー、スティーブ・ディトコ著、スティーブ・コルテ編(TASCHEN)

パトリック・ローゼンクランツ編『スペイン・ロドリゲス:マイ・ライフ・アンド・タイムズ』 第3巻(ファンタグラフィックス)

ステランコ・ニック・フューリー:エージェント・オブ・シールド アーティザン版 スコット・ダンビア編(IDW)

スクルージおじさん カール・バークス作、J・マイケル・カトロン編「天空の島 」(ファンタグラフィックス社)

ベストライター

エド・ブルーベイカー、デストロイ・オール・モンスターズ、悪魔の友(イメージ)

ケリー・スー・デコニック『ワンダーウーマン・ヒストリア:ザ・アマゾンズ・ブック・ワン』(DC)

フィリペ・メロ『ソフィーのためのバラード』(トップシェルフ)

ラムV』『ライラ・スターの数奇な死』(BOOM!スタジオ); 『スワンプ・シング』(DC);『カーネイジ』:ブラック、ホワイト&ブラッド、ヴェノム(マーベル)

James Tynion IV『House of Slaughter』『Something Is Killing the Children』『Wynd』 (BOOM! Studios)、 『The Nice House on the Lake』『The Joker』『Batman』『DC Pride 2021』(DC)、『The Department of Truth』(Image)、『Blue Book』『Razorblades』(Tiny Onion Studios)。

最優秀作家/アーティスト賞

アリソン・ベクデル『超人強さの秘密 』(マリナー・ブックス)

伊藤潤二『脱走兵 伊藤潤二童話集』『恋情: 伊藤潤二童話集、センサー (VIZメディア)

ダニエル・ウォーレン・ジョンソン(スーパーマンレッド&ブルー』(DC)、『 ベータ・レイ・ビル』(マーベル)

ウィル・マクフェイル『イングラフィック・ノベル(Mariner Books)

バリー・ウィンザー=スミス『モンスターズ』(ファンタグラフィックス)

最優秀ペンシラー/インカーまたはペンシラー/インカー・チーム

フィリペ・アンドラーデ『ライラ・スターの数多くの死』(BOOM!)

フィル・ヒメネス『ワンダーウーマン・ヒストリア アマゾネス』(DC)

ブルーノ・レドンド(ナイトウィング/DC)

エサド・リビッチ『エターナルズ』(マーベル)

P.クレイグ・ラッセル『北欧 神話』(ダークホース)

最優秀画家/マルチメディア・アーティスト(インテリア・アート)

フェデリコ・ベルトルッチ『ブリンディーユ、愛:マスティフ(マグネティック)

ジョン・ボルトン『ヘルズ・フラウ』(レネゲード・アーツ・エンタテインメント)

ファン・カヴィア『ソフィーのためのバラード』(トップシェルフ)

フランク・ペ『リトル・ニモ』(マグネティック)

イレアナ・スルドゥカン『失われた日曜日』(プロノイアAB)

モンスト・武田紗名(画像)

最優秀カバー・アーティスト

ジェン・バーテル『未来国家不滅のワンダーウーマン 』1号&2号、 『ワンダーウーマン ブラック&ゴールド 』1号、『ワンダーウーマン』80周年記念(DC);女性史月間バリアントカバー(マーベル)

デヴィッド・マック『北欧 神話』(ダークホース)

ブルーノ・レドンド(ナイトウィング/DC)

アレックス・ロス,ブラックパンサー, キャプテン・アメリカ, キャプテン・アメリカ/アイアンマン #2, 不滅のハルク, アイアンマン, マーベルのアメリカ (マーベル)

ジュリアン・トティーノ・テデスコ『ジャスト・ビヨンド』(BOOM!BOOM!/KaBoom!)、デューン:ハウス・アトレイデス(BOOM!スタジオ)、アクション・コミックス(DC)、ウォーキング・デッド・デラックス(イメージ・スカイバウンド

吉谷佳『アイ・アム・ノット・スターファイア』(DC);ブルーフレームギガ、 ウィッチブラッド(Vault)

ベスト・カラーリング

フィリペ・アンドラーデ/イネス・アマロ『The Many Deaths of Laila Starr』(BOOM!)

テリー・ドッドソン『アドベンチャーマン 』(イメージ・コミックス)

K.オニール『茶龍のタペストリー』(鬼書房)

ジェイコブ・フィリップス,デストロイ・オール・モンスターズ, 悪魔の友(イメージ)

マット・ウィルソン『Undiscovered Country』(Image)、『Fire Power』(Image Skybound)、『Eternals』『Thor』『 Wolverine』(Marvel)、『Jonna and the Unpossible Monsters』(Oni)

ベスト・レタリング

ウェス・アボット、フューチャー・ステイト、 ナイトウィング、スーサイド・スクワッド、ワンダーウーマン ブラック&ゴールド(DC)

クレイトン・カウルズ『The Amazons』『Batman』『Batman/Catwoman』Strange Adventures』『Wonder Woman Historia 』(DC);『Adventureman 』(Image); 『Daredevil』『Eternals』『King in Black』『Strange Academy』『Venom』『X-Men Hickman』『 X-Men Duggan』(Marvel)

クランク!」「ジョナとありえない怪物たち」「茶龍のタペストリー 」(鬼);「 マネー・ショット」(Vault)

エド・デュークシャー『ワンス&フューチャー』『7つの秘密』(BOOMスタジオ)

バリー・ウィンザー=スミス『モンスターズ 』(ファンタグラフィックス)

最優秀コミック関連定期刊行物/ジャーナリズム賞

ロイ・トーマス編『アルターエゴ』(トゥーモローズ)

ブライアン・カニーニ、ジャック・ウォレス、スティーブ・スタイナー編集『コロンバス走り屋』(columbusscribbler.com

ファンベース・プレス、バーブラ・ディロン編集、fanbasepress.com

tcj.com、タッカー・ストーン&ジョー・マッカロク編集(ファンタグラフィックス社)

WomenWriteAboutComics.com、ウェンディ・ブラウンとノーラ・ファウ編集(WWAC)

ベスト・コミック関連書籍

ダグラス・ウォルク著『驚異のすべて』(ペンギンプレス)

タイ漫画の芸術:ニコラス・フェルスタッペン著『ストリップとストライプの世紀』(リバーブックス)

ファンタスティック・フォーNo.1:パネル・バイ・パネル』スタン・リー、ジャック・カービー、チップ・キッド、ジェフ・スピアー著(エイブラムス・コミックアーツ)

古い神々と新しい神々:ジョン・モロー著、ジョン・B・クック共著(トゥー・モローズ)

トゥルー・ビリーバースタン・リーの興亡」エイブラハム・リースマン著(クラウン)

最優秀学術作品賞

コミックとマンガの起源:アイケ・エクスナー著『マンガの起源:マンガの歴史』(ラトガース大学出版部)

ハワード・クルースの人生とコミック:アンドリュー・J・クンカ著『ハワード・クルースの生涯とコミック:真実のために危険を冒す』(ラトガース大学出版部)

謎めいた旅行者たち:スティーブ・ディトコと新しいリベラル・アイデンティティの探求」ザック・クルーゼ著(ミシシッピ大学出版部)

パルプ帝国ポール・S・ハーシュ著『コミック帝国主義の秘史』(チカオ大学出版部)

英国コミックストリップの再生:万華鏡、1847-1870年』デイヴィッド・クンツレ著(ミシシッピ大学出版部)

最優秀出版デザイン賞

イーサン・キンバーリング原案『アメリカン・ゴッズ全集』(ダークホース)

完全版スクルージ・マクダックの生涯 デラックス版』 ジャスティン・アラン=スペンサー(ファンタグラフィックス)デザイン

ゲイリー・パンターとジャスティン・アラン=スペンサーがデザインした『クラッシュパッド』(ファンタグラフィックス刊)

タイラー・ボスがデザインしたマシンガン・ケリーのホテル・ディアブロ(Z2)

マーベル・コミック・ライブラリースパイダーマン vol. 1: 1962-1964(TASCHEN)

ポパイ第1巻 E.C.セガー著 ジェイコブ・コヴィーデザイン(ファンタグラフィックス)

ベスト・ウェブ・コミック

バットマン:ウェイン家の冒険』(CRC ペイン、スターバイト著、DC/WEBTOON)https://www.webtoons.com/en/slice-of-life/batman-wayne-family-adventures/list?title_no=3180&page=

エルシ島、アレック・ロングストレス著、 https://www.isleofelsi.com/comics/ioe6/page-259/

伝承オリンポス、レイチェル・スマイス著(WEBTOON)、https://www.webtoons.com/en/romance/lore-olympus/list?title_no=1320&page=1

ナヴィレラフンとジミー作、クリスティアーナ・リー訳『蝶のように』(タパスメディア/カカオエンターテインメント)、https://tapas.io/series/navillera-like-a-butterfly

Unmasked, by Breri and Nuitt (WebToon Factory/Europe Comics),https://www.webtoonfactory.com/en/serie/unmasked/

最優秀デジタルコミック
『砂の日々』(アイメ・デ・ヨング著、クリストファー・ブラッドリー訳)(ヨーロッパ・コミックス

エブリワン・イズ・チューリップ、デイブ・ベイカー、ニコール・グー著、everyoneistulip.com

It's Jeff』ケリー・トンプソン、ぐりひる(マーベル)

世界征服後の恋 1〜3』野田弘志、若松孝博著、スティーブン・ルクロイ訳(講談社)

スノー・エンジェルズ』ジェフ・ルミア、ジョック(Comixology Originals) 

第2022回ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワード候補者発表

即時リリース

連絡先ジャッキー・エストラーダ

jackie@comic-con.org

DCとイメージが最多ノミネート

サンディエゴ - コミコンは、ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワード2022のノミネート作品を発表します。ノミネート作品は2021年1月1日から12月31日の間に出版された作品で、ブルーリボン審査員団によって選出された。

今年もまた、世界中のクリエイターによって制作された、約65の出版社による150以上の印刷物およびオンライン・タイトルからなる、コミックおよびグラフィック・ノベルのメディアにおいて、今日米国で出版されている幅広い題材を反映した32部門がノミネートされた。

DCとイメージが最多ノミネート:DCは15ノミネート(うち7ノミネート)、イメージは14ノミネート(うち4ノミネート)。DCで5ノミネートのトップは ナイトウィング最優秀継続シリーズ賞、最優秀シングルイシュー賞、最優秀レタリング賞(ウェスト・アボット)、最優秀ペンシラー/インカー賞と最優秀カバーアーティスト賞(ブルーノ・レドンド)にノミネートされた。 ワンダーウーマン・ヒストリア:アマゾンは4部門にノミネートされた:ベスト・シングルイシュー、ベスト・ライター(ケリー・スー・デコニック)、ベスト・ペンシラー/インカー(フィル・ヒメネス)、ベスト・レタリング(クレイトン・カウルズ)。イメージデストロイ・オール・モンスターズ (A Reckless Book)が最優秀グラフィックアルバム賞(新作)、最優秀作家賞(エド・ブルーベイカー)、最優秀カラーリング賞(ジェイコブ・フィリップス)にノミネートされた。イメージは、最優秀継続シリーズ賞(Bitter Root、The Department of Truth)、最優秀リミテッドシリーズ賞(The Good Asian、Stray Dogs)、最優秀新シリーズ賞(Radiant Black、Ultramega)にそれぞれ2作品がノミネートされている。

ファンタグラフィックスは11部門にノミネートされ、6部門中3部門がベスト・アーカイブ・コレクション(コミックブック)部門、5部門中3部門がベスト・パブリケーション・デザイン部門にノミネートされている。また、バリー・ウィンザー=スミスの大作 モンスターズは、最優秀グラフィック・アルバム賞、最優秀ライター/アーティスト賞、最優秀レタリング賞にノミネートされた。子会社トップ・シェルフを 擁するIDWは 、以下の作品を筆頭に11ノミネートを獲得した。 ソフィーのためのバラードフィリペ・メロとフアン・カヴィアの「Ballad for Sophie」が最優秀グラフィックアルバム賞(新刊)、最優秀米国版(海外作品)、最優秀作家賞、最優秀画家賞(マルチメディア・アーティスト賞)にノミネートされた。

8部門にノミネートされたVIZメディアは 、6部門中5部門にノミネートされた。 マーベル・コミックは7ノミネート(+5ノミネート)、BOOM!は7ノミネート(+3ノミネート)。BOOM!の有力タイトルは ザ・メニー・デス・オブ・ライラ・スター(The Many Deaths of Laila Starrで、最優秀リミテッドシリーズ賞、最優秀作家賞、最優秀ペンシラー/インカー賞、最優秀カラーリング賞にノミネートされた。

他に複数ノミネートされている出版社は、 エイブラムス(5)、ダークホース(5)、マリナー・ブックス(5)、マグネティック・プレス(4)、オニ (2+シェア2)。15社がそれぞれ2ノミネート、さらに37社または個人がそれぞれ1ノミネートとなっている。

2部門にノミネートされたプロジェクト ロボットばかりではない(AWAアップショット)、スーパーマンレッド&ブルー(DC)である、ポパイECシーガー・サンデーズ(ファンタグラフィックス)、 バブル(ファーストセカンド/マクミラン)、 あなたは死んだ:死後の世界のアンソロジー(アイアン・サーカス)、アリソン・ベクデルの 超人的強さの秘密(マリナー・ブックス)、ウィル・マクフェイルの (マリナー・ブックス)、 マーベル・コミック・ライブラリースパイダーマン 1962-1964(TASCHEN)、 恋の病:伊藤潤二ストーリーコレクション(VIZメディア)、そしてゾム100 死者のバケットリスト(VIZメディア)。

クリエイターでは、ジェームズ・タイニオン4世が5部門にノミネートされている:最優秀継続シリーズ賞2部門(「デパートメント・オブ・トゥルース」、「サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン」)、最優秀新シリーズ賞(「湖のほとりの素敵な家」)、最優秀ティーン向け出版物賞(「ウィンド」)、最優秀作家賞。各3ノミネートのクリエイターには、レドンド、ウィンザー=スミス、メロ、キャビア、アンドラーデダニエル・ウォーレン・ジョンソン(最優秀短編小説賞、マーベル「ベータ・レイ・ビル」の最優秀リミテッドシリーズ賞、最優秀ライター/アーティスト賞)がいる。また、16人のクリエイターが2部門でノミネートされている、

高名なコミックス・クリエイター、ウィル・アイズナーの名を冠したこの賞は、コミックスとグラフィック・ノベルにおける最高の出版物とクリエイターに注目し、ハイライトを当てることで、今年で34回目を迎える。2022年度アイズナー賞の審査委員は、コミック作家/編集者のバーバラ・ランドール・ケゼル、作家/美術史家のキム・マンソン、作家/編集者/ジャーナリストのリク・オッフェンバーガー、図書館員のジェームソン・ローラー、コミックジャーナリスト/歴史家のジェシカ・ツァン、小売業者のアーロン・トリテスで構成される。

各賞の投票はオンラインで行われた。投票締め切りは6月8日。投票プロセスに関するご質問は、アイズナー賞管理者のジャッキー・エストラーダ(jackie@comic-con.org)までお寄せください。

アイズナー賞のトロフィーは、7月22日夜のコミコン期間中に開催される授賞式で授与される。

2022年アイズナー殿堂入りの6人を審査員が選出

有権者はさらに4人の殿堂入りを選ぶ

コミコン・インターナショナル(コミコン)は、アイズナー賞の審査員が、2022年に自動的にウィル・アイズナー・コミック賞の殿堂入りを果たす6人を選出したと発表した。これらの殿堂入り者には、2人の故人コミック・アーティストが含まれる:ECの創設者/発行人であるマックス・ゲインズ (1933年に初の4色刷り中綴じ新聞コミックを考案)と作家のマーク・グルーエンワルド (マーベル・コミックの伝説的編集者)、コミックというメディアのパイオニア2人:イギリスのイラストレーター、マリー・デュヴァル (1867年、最初の繰り返し登場するカートゥーンキャラクターとされるイギリスのカートゥーンキャラクター「アレイ・スローパー」の共同制作者)、カートゥーン作家のローズ・オニール (1912年、「キューピー」の作者)、そして2人の生ける伝説:フィリピン系アメリカ人アーティストのアレックス・ニーニョ (DC、マーベル、ウォーレン、ヘビーメタルなど)、アーティストのP・クレイグ・ラッセル(『エルリック』、オペラのグラフィックノベル化、『サンドマン』、『コラライン』、『アメリカン・ゴッズ 』、『 北欧神話』などニール・ゲイマンとのコラボレーションで知られる)。

            また、審査委員は17名の候補者を選出し、その中から有権者が今夏殿堂入りする4名を選ぶ。これらの候補者は、ハワード・チェイキン、ジェリー・コンウェイ、ケビン・イーストマン、スティーブ・エングルハート、萩尾望都、ラリー・ハマ、ジェフリー・キャサリン・ジョーンズ、デヴィッド・マズッケリ、ジャン= クロード・メジエール、グラント・モリソン、ギャスパー・サラディーノ、ジム・シューター、ギャリー・トルドー、ロン・ターナー、ジョージ・タスカ、マーク・ウェイド、キャット・イロンウォード である。ノミネート作品に関する詳細はこちら。 

            殿堂入りの投票はオンラインで行われる。セキュリティ強化のため、2段階の投票プロセスが導入されている。第一段階は、投票希望者がwww.comic-con.org/eisnervote。フォームに必要事項を記入した後、投票資格のある人は投票用紙にアクセスし、投票を行う。2021年に投票を承認された個人には参加案内が送られ、再登録の必要はない。投票資格があるのは、コミックブック/グラフィック・ノベル/ウェブコミックのクリエイター(作家、アーティスト、漫画家、ペンシラー、インカー、レタラー、カラリスト)、コミックブック/グラフィック・ノベルの出版社および編集者、コミックの歴史家および教育者、グラフィック・ノベルの図書館員、コミック本専門小売店のオーナーおよびマネージャーなど。投票の締め切りは5月11日。新規投票者が投票に参加するには、5月5日までに登録する必要がある。投票プロセスに関する質問は、アイズナー賞管理者のジャッキー・エストラーダまで。 jackie@comic-con.org

      2022年度アイズナー賞の審査委員は、コミック作家/編集者のバーバラ・ランドール・ケゼル、作家/美術史家のキム・マンソン、作家/編集者/ジャーナリストのリク・オッフェンバーガー、図書館員のジェームソン・ローラー、コミックジャーナリスト/歴史家のジェシカ・ツァン、小売業者のアーロン・トリテスで構成されている。

      アイズナー殿堂入りトロフィーは、7月22日夜のコミコン期間中に開催される授賞式で授与される。

2022 アイズナー候補
審査員の選択

マックス・ゲインズ(1894-1947)

1933 年、マックス・ゲインズは、アメリカン・コミック業界の標準となったカラーコミッ クス形式の先駆けである、中綴じの新聞紙による 4 色刷りの小冊子を初めて考案した。彼は、グリーン・ランタン、ワンダーウーマン、ホークマンといった不朽の架空のキャラクターを紹介したコミックブックの代表的な会社であるオール・アメリカン・パブリケーションズの共同発行人(ジャック・リーボウィッツと)であった。その後、エデュケーショナル・コミックスを設立し、『聖書の絵物語』シリーズを制作。彼はコミックブックに関する最も初期のエッセイのひとつである『Narrative Illustration, The Story of the Comics』という1942年の小冊子を執筆した。1947年にゲインズが(モーターボートの事故で)亡くなった後、エデュケーショナル・コミックスは息子のビル・ゲインズに引き継がれ、ゲインズは会社(現在のECコミックス)をホラー、SF、風刺コミックのパイオニアへと変貌させた。

マーク・グルーエンワルド(1953-1996)

マーク・グルーエンワルドは1978年にマーベル・コミックに雇われ、亡くなるまで在籍した。在職中、彼は1980年代の大半をエグゼクティブ・エディター兼継続の番人となる前に、様々な書籍に携わった。グルーエンワルドは、マーベル・コミックに関する些細なことまで記憶するコツを心得ていた。出版社は、読者が彼を打ち負かすための挑戦状まで開いたが、誰も彼を打ち負かすことができないことが明らかになったため、中止せざるを得なかった。グルーエンワルドは、スクアドロン・スプリームとして知られる新しいヒーローチームの仕事で最も知られている。スクアドロンのキャラクターは以前から存在していたが、グルーエンワルドは別世界のヒーローたちに焦点を当てることにした。スクアドロン・スプリーム』は12号からなるミニシリーズを刊行し、『ウォッチメン』、『キングダム・カム』、『ザ・ボーイズ』のような脱構築主義のスーパーヒーローものの先駆けとして高い人気を得た。残念なことに、グルーエンワルドは1996年に心不全で亡くなった。彼は以前から、自分の遺灰を作品の一部にしたいと妻に語っていた。スクアドロン・スプリーム 』がトレード・ペーパーバックに収録されたとき、彼の遺灰はインクに混ぜられた。

アレックス・ニーニョ

アレックス・ニーニョは、1971年にDCコミックスの編集者ジョー・オーランドと出版社カーマイン・インファンティーノによってアメリカのコミックブックに採用されたフィリピンのコミックアーティストの一人である。ニニョのDCでの初期の仕事は、『ハウス・オブ・ミステリー』、『ウィアード・ウォー・テイルズ』、その他のスーパーナチュラル・アンソロジーや、『ターザン』のジャングル・アドベンチャー特集「コラック」のストーリーを描くことだった。1974年に渡米。その後数十年にわたり、DC、マーベル、ウォーレン(クリーピー、不気味ヴァンピレラ)、ヘビーメタル、バイロン・プリス、ダークホース・コミックスなどの出版社であらゆるタイプのストーリーを描く。1980年代からは映画やビデオゲームにも進出し、ハンナ・バーベラ、セガ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(『ムーラン』アトランティス』)のデザインワークやコンセプト・アートを手がけた。1976年にインクポット賞を受賞。

P.クレイグ・ラッセル

P.クレイグ・ラッセルは50年にわたりグラフィック・ノベル、コミックブック、イラストレーションを制作してきた。1972年、アーティストのダン・アドキンスのアシスタントとしてコミック業界に入る。マーベルで『キルレイヴン』、『 ドクター・ストレンジ』、『エルリック』で名声を確立した後、モーツァルト(『魔笛』)、シュトラウス(『サロメ』)、ワーグナー(『ニーベルングの指環』)のオペラの翻案など、より個人的なプロジェクトに取り組み始めた。また、ラッセルは『オスカー・ワイルド童話集』シリーズや、ニール・ゲイマンの『サンドマン 』のグラフィックノベル化でも知られている:ドリーム・ハンターズ』、『コラライン』、『マーダー・ミステリーズ 』、『 アメリカン・ゴッズ』のグラフィック・ノベル化でも知られる。最近のプロジェクトは、ダーク・ホース社でのゲイマンの北欧神話である。ラッセルは1993年にインクポット賞を受賞し、ハーベイ賞やアイズナー賞も受賞している。

パイオニア

マリー・デュヴァル(1847-1890)

「マリー・デュヴァル」は1847年、ロンドンのマーリーボーンでイザベル・エミリー・ルイザ・テシエとして生まれた。テシエはヨーロッパで最初の女性漫画家の一人である。彼女の名声は、夫のチャールズ・ヘンリー・ロスとともにコミック定期刊行物『ファン』に掲載された『アリー・スローパー』(Ally Sloper )への貢献と、シリング本『アリー・スローパー』(Ally Sloper)に再版されたことにある:A Moral Lesson』(フルタイトル:1873年11月、フリート・ストリート、ティンブクトゥー、ワガワガ、ミルバンクなどで活躍したアリー・スローパーの経歴にまつわる愉快なエピソードと、さりげなくイケイケ・モーにも言及した作品)。この作品はしばしば "英国初のコミックブック "と呼ばれる。繰り返し登場する親しみのある漫画のキャラクターというアイデアは、現在のコミックスやカートゥーンの基本であるが、アリー・スローパーから始まったようである。この大人気のキャラクター(酒に溺れる労働者階級の浪人生)は、チャーリー・チャップリンのトランプやW・C・フィールズに影響を与えたと考えられている。アリー・スローパー 以外にも、マリー・デュヴァルは、ヴィクトリア朝時代に『パンチ』のライバルだった雑誌『ジュディ』のために、さまざまなコミック・ファンタジー(「風刺画」)を描いている。

ローズ・オニール(1874-1944)

ローズ・オニールはアメリカの漫画家・作家で、若くしてアメリカで最も有名で最も高給の女性商業イラストレーターとなった。1896年9月19日発行の『トゥルース』誌にオニールの4コマ漫画が掲載され、アメリカ人女性として初めて漫画を発表した。彼女は、ミッキーマウスまで最も広く知られた漫画のキャラクターであるキューピーを創作し、国際的な名声と富を得た。1909年発行の『レディース・ホーム・ジャーナル』でデビューした彼女のキューピー漫画は、1912年にドイツの玩具会社J.D.ケストナーによってビスクドールにされた。この人形はたちまち人気を博し、アメリカで最初に大量販売された玩具のひとつとされている。

2022年候補者

ハワード・チェイキン

ギル・ケイン、ウォーリー・ウッド、ニール・アダムス、グレイ・モローらのアシスタントを務めた後、1970年代初頭にハワード・チェイキンはマーベル、DC、ウォーレン、ヘビーメタルなどの出版社でフリーランスとなった。1974年、彼はStar*Reachのために "Cody Starbuck "を創作した。チェイキンは、アルフレッド・ベスターの『The Stars My Destination』やサミュエル・R・ディレイニーの『Empire』などでグラフィック・ノベルを開拓した。映画公開前の1977年には、ロイ・トーマスの脚本で『スター・ウォーズ』のコミックを初めて描いた。1983年、ファースト・コミックスで『アメリカン・フラッグ!』のヒットシリーズを生み出した。1980年代には『Black Kiss』(Vortex)、『The ShadowandBlackhawk』(DC)、ポストモダンなグラフィック小説『Time2(First)などを発表。その後、『Twilight』『Power and Glory』『American Century』『Mighty Love』『The Divided States of Hysteria』『Hey, Kids』などを発表!コミックス!

ジェリー・コンウェイ

ゲリー・コンウェイは、マーベル・コミックの自警団「パニッシャー」(アーティストのロス・アンドリューと共作)と「ミス・マーベル」(ジョン・ブシェマと共作)、そして「アメイジング・スパイダーマン 」の長期連載中にグウェン・ステイシーの死を脚本化したことで知られる。また、DCコミックスのファイアーストーム、パワーガール、キラー・クロック、ジェイソン・トッドを共同製作したことでも知られる。 ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』の脚本を8年間担当し、現代における初の主要な企業間クロスオーバー作品『スーパーマンvs.アメイジング・スパイダーマン』の脚本を手がけた。

ケビン・イーストマン

脚本家/アーティスト/出版社のケヴィン・イーストマンは、ピーター・レアードと共同で『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を創作した。ふたりは1984年からミラージュ・スタジオという出版社でコミックを出版した。タートルズはすぐに他のメディアに進出し、何年にもわたって複数の映画、テレビアニメ、玩具シリーズに出演した。1990年、イーストマンはツンドラ・パブリッシングを設立し、1993年までアラン・ムーア、メリンダ・ゲビー、エディ・キャンベル、マイク・オールレッドといった才能あるクリエイターが所有するコミックに資金を提供し、出版した。イーストマンはまた、2014年まで20年以上にわたり『ヘビーメタル』誌を所有し、2020年まで同誌の発行人を務めた。

スティーブ・エングルハート

スティーブ・エングルハートは1971年にマーベル・コミックで執筆を始め、『キャプテン・アメリカ』、『ハルク』、『アベンジャーズ』、『ドクター・ストレンジ』、その他十数タイトルの長期連載を持ち、その過程でシャング・チー、スター・ロード、マンティスというキャラクターを共同制作した。彼はついにDCコミックスに雇われ、主筆としてコアキャラクター(スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、グリーンランタン)を刷新した。そして、ウォルト・サイモンソンとマーシャル・ロジャースが作画を担当したソロ・バットマン・シリーズ(即座に "決定版 "と呼ばれた)を執筆し、後にワーナー・ブラザーズのバットマン第1作となった。1983年にはマーベルのエピック誌のために『コヨーテ』を創作。彼が所有する他のプロジェクト(Scorpio RoseThe Djinn)は、会社のシリーズ(Green LanternSilver Surfer、Fantastic Four)と混在していた。1992年、スティーブはウルトラバースと呼ばれるコミックスのパンテオンの共同制作を依頼された。彼の貢献のひとつであるナイトマンは、コミックのシリーズとして成功しただけでなく、テレビ番組にもなった。その結果、『ストリートファイター』、『GIジョー』、ディズニーの『チーム・アトランティス』などのアニメシリーズなど、ハリウッドでの仕事が増えた。

萩尾望都

萩尾望都は、男性優位のマンガ業界に割って入り、1970年代初頭に少女マンガ・ムーブメントを開拓した女性グループの一人である。萩尾の1974年の作品『トーマの心臓』は、1964年の映画『この特別な友情』にインスパイアされたもので、少女漫画のサブジャンルの初期の作品のひとつであった。萩尾望都の線描と劇的なイメージは多くの漫画家に影響を与え、今日多くの漫画家が描く感情的で象徴的な背景のスタイルの形成に貢献した。主な作品に『酔夢』、『彼らは11人だった』、『異世界バーバラ』などがある。紫綬褒章を受章(女性漫画家として初)、日本SF大賞、手塚治虫文化賞大賞、インクポット賞などを受賞。

ラリー・ハマ

ラリー・ハマは作家/アーティスト/編集者/俳優であり、マーベルのG.I.ジョーの 作家として知られている:リアル・アメリカン・ヒーロー』、『G.I.ジョー スペシャル・ミッション 』、そして80年代から90年代にかけての『 ウルヴァリン 』の作者として知られる。また、『アベンジャーズ』、『コナン』、『バットマン』、『ワンダーウーマン』、『X-MEN』、『スパイダーマン』など数多くのコミックでも執筆、編集、作画を担当。イラストや漫画は『ナショナル・ランプーン』、『エスクァイア』、『ニューヨーク 』、『 ローリング・ストーン』 などに掲載されている。最新作は『キャプテン・アメリカの死』。また、DCコミックスのコンバージェンス・イベントで『バットマン・シャドウ・オブ・ザ・バット』と『ワンダーウーマン』の脚本を担当したほか、ダークホースで『コール・オブ・デューティ:ブラックオプスIII』、IDWで『G.I. ジョー』の脚本を手がけた:A Real American Hero』(IDW)を執筆。

ジェフリー・キャサリン・ジョーンズ

ジョーンズ(1944-2011)は1964年にコミックの創作を開始。ジョージア州立大学在学中、ジョーンズは同じ学生のメアリー・ルイーズ・アレクサンダーと出会い、2人は交際を始め、1966年に結婚。卒業後、ふたりはニューヨークに移り住むが、1970年代初頭に別れる。(作家・編集者のルイーズ・ジョーンズ・サイモンソンは2020年にアイズナーの殿堂入りを果たした)。ニューヨークでジョーンズは、キング・コミック、ゴールド・キー、クリーピー不気味ヴァンパイアラ、そしてウォーリー・ウッドのウィッツエンドの ために絵を描く仕事を見つけた。フリッツ・ライバーの『Fafhrd and the Gray Mouser』シリーズのエース・ペーパーバック版や、アンドレ・ノートンの『Postmarked the Stars』、『The Zero Stone』、『Uncharted Stars』など、150冊以上の本の表紙を描いた。ナショナル・ランプーンが創刊された1970年代初頭、ジョーンズは『イディール』というストリップを連載していた。1975年から1979年まで、ジョーンズはバーニー・ライトソン、バリー・ウィンザー=スミス、マイケル・W・M・カルタとワークスペースを共有し、総称して「スタジオ」と呼ばれた。1980年代初頭には、ジョーンズは『Heavy Metal』に「I'm Age」というタイトルのストリップを連載していた。1990年代後半、ジョーンズは女性ホルモンの投与を開始し、性別適合手術を受けた。2011年5月に逝去。

デビッド・マズッケーリ

デヴィッド・マズチェリは1980年代初めにコミックの仕事を始め、最初はマーベル・コミックで『デアデビル』のレギュラー・アーティストとなった。作家のデニー・オニールと仕事をし、『デアデビル』でこのタイトルの仕事を締めくくった:ボーン・アゲイン』(フランク・ミラー脚本)でこのタイトルの仕事を締めくくった。バットマン:イヤー・ワン』で再びミラーとコラボレートし、バットマン史上最高のストーリーのひとつとされる。マッツァチェリは、自身の独立アンソロジー『Rubber Blanket』やポール・オースターの『City of Glass』の映画化など、より個人的なプロジェクトに専念するようになった。2009年、パンテオン・ブックスからグラフィック・ノベル『Asterios Polyp』が出版され、ロサンゼルス・タイムズ・ブック賞と3つのアイズナー賞を受賞した。

ジャン=クロード・メジエール

ジャン=クロード・メジエール(1938-2022)はフランスの漫画家、イラストレーター。芸術学院で学び、卒業後はイラストレーターとして書籍や雑誌、広告で活躍。ワイルド・ウェストへの生涯の関心から、1965年、カウボーイとしての冒険を求めてアメリカに渡る。フランスに戻ったメジエールは、幼なじみのピエール・クリスタンと組んで『ヴァレリアンとローレリーヌ』を創作。この人気長寿SFコミック・シリーズは、メジエールの代表作であり、『スター・ウォーズ』をはじめとする多くのSF・ファンタジー映画に影響を与えた。また、1997年のリュック・ベッソン監督作品『フィフス・エレメント』を筆頭に、いくつかの映画プロジェクトでコンセプト・デザイナーを務める。メジエールは、1984年のアングレーム市グランプリを筆頭に、数々の権威ある賞を受賞し、国際的な評価を受けている。

グラント・モリソン

グラント・モリソンは1980年代初頭から、『ウォーリアー』『ドクター・フー』『2000 AD 』など、イギリスの出版社のさまざまなタイトルでコミックを書き始めた。モリソンが初めてアメリカでヒットさせたのはDCの『アニマル・マン』で、その後『ドゥーム・パトロール 』が続いた。1989年、DCはモリソンとデイヴ・マッキーンのグラフィック・ノベル『アーカム・アサイラム:シリアス・ハウス・オン・シリアス・アース』を出版し、大成功を収めた。1990年代には、『The Invisibles』、『Sebastian O』、『Flex Mentallo』、『The Mystery Play 』、『Kill Your Boyfriend』など、DCのヴァーティゴ・ラインでいくつかのタイトルを手がけた。また、DCでは『JLA』、『フラッシュ』、『DC One Million』を執筆。2000年から2001年にかけてモリソンはマーベルに移り、『マーベル・ボーイ』、『ファンタスティック・フォー1234』、『ニューX-メン』を執筆。ここ数十年のDC作品には、『The Filth』、『W3』、『Seaguy』、『Seven Soldiers』、『Final Crisis』、 受賞歴のある『All-Star Superman』(フランク・クワイトリーとの共作)、『The Multiversity』、 グラフィック・ノベル『JLA: Earth 2』、継続中の『Batman』などがある。モリソンの最近のプロジェクトには、2015年、イメージの『ハッピー!』、 『Nameless』、 『BOOM!』の『KlausandProctor Valley Road 』、『グリーン・ランタン』、『ワンダーウーマン』などがある:アース・ワン』、『スーパーマン』、『オーソリティー』などがある。

ギャスパー・サラディーノ

ギャスパー・サラディーノ(1927-2016)は、レタリングおよびロゴ・デザイナーとしてコミック業界で60年以上活躍した。元DC出版社のポール・レヴィッツによれば、"レン・ワインとバーニー・ライトソンの スワンプシングでの彼の仕事は レタリングが定期刊行物のアメコミのストーリーテリングに加えることのできる新しいレベルを確立し、彼の革新的なスタイルでより多くのドラマをもたらした" サラディーノは1949年にDCでレタラーとして働き始めた。 手がけた タイトルには、 ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』、『フラッシュ』、『ストレンジ・アドベンチャーズ』、『ミステリー・イン・スペース』、『G.I.コンバット』、『ヘルブレイザー 、『 スーパーマン対モハメド・アリ 』などがある。また、DCのハウス広告や何百ものカバーのデザインとレタリングも手がけた。サラディーノがデザインしたロゴには、グリーン・ランタン、ハウス・オブ・ミステリー、バットマン、スワンプシング、ティーン・タイタンズ、メタルメン、アダム・ストレンジ、ファントム・ストレンジャーなどがある。マーベルでは、アベンジャーズ、キャプテン・アメリカとファルコンなどのロゴを手がけた。2002年頃まで活躍。

ジム・シューター

14歳でDCコミックスにストーリーを売り込み、『アクション・コミックス』と『アドベンチャー・コミックス』に執筆。1976年1月、アシスタント・エディター兼ライターとしてマーベルのスタッフに加わり、1978年にはアーチー・グッドウィンの後を継いでマーベルの9代目編集長に就任した。クリス・クレアモントとジョン・バーンによる『アンカニーX-MEN』、バーンによる『ファンタスティック・フォー』、フランク・ミラーによる『デアデビル』シリーズ、ウォルト・サイモンソンによる『ソー』での北欧神話とマーベル・ユニバースの融合など、シューターの9年間の在任中にマーベルは最高の成功を収めた。シューターはまた、クリエイター印税を制度化し、1982年にクリエイター所有の作品のためのEpicインプリントを開始し、Marvel Super Hero Contest of Championsと Secret Warsで全社的なクロスオーバーイベントを導入し、1986年のマーベル25周年を記念して、最終的には失敗に終わったが、New Universeと名付けられた新しいラインを立ち上げた。シューターは1987年にマーベルを退社し、ヴァリアント・コミックスを設立した。 彼と彼の同僚数人は、1993年初めに短命に終わったディファイアント・コミックスを設立し、その2年後にブロードウェイ・コミックスを設立した。

ギャリー・トルドー

エール大学で学び、『エール・レコード』誌の漫画家兼ライターとして活躍。また、『Bull Tales』という漫画を描き、1969年に『Yale Daily News』に移った。ユニバーサル・プレス・シンジケートがこのストリップを買い取り、『ドゥーンズベリー』というタイトルで全国400以上の新聞社に売り始めた。長いキャリアの中で、トルドーは漫画の中でいくつかの政治的発言をしており、漫画の中で同性愛のようなテーマを扱ったことは画期的であった。また、漫画家の権利の強力な擁護者でもある。1975年、トルドーは漫画家として初めてピューリッツァー賞を受賞し、1996年にはルーベン賞を受賞した。1977年には短編アニメ映画化さ、1984年にはブロードウェイ・ミュージカルにもなった。

ロン・ターナー

ロン・ターナーは1970年、サンフランシスコを拠点にローブロー・アートとカウンターカルチャーに焦点を当てた書籍出版社、ラスト・ガスを設立した。この52年間、ラスト・ガップはアンダーグラウンドのコミックスや書籍の出版社、販売店、卸売業者として活動してきた。ラスト・ガップは、他のアンダーグラウンド系出版社に比べ、その登場はやや遅かったものの、競合他社よりもはるかに長くコミックスの出版を続けてきた。スロー・デス』、『ウィメンズ・コミックス』、『ビンキー・ブラウン・ミーツ・ザ・ホーリーヴァージン・メアリー』、『エアパイレーツ』、『イット・エイント・ミー・ベイブ』、『ウィアード』といった注目すべきオリジナル・タイトルの出版に加え、『ザップ・コミックス』や『ヤング・ラスト』といった重要タイトルを、廃業したライバル社から引き継いだ。同社は、アート、写真集、グラフィック・ノベル、マンガ翻訳、小説、詩を出版している。

ジョージ・タスカ

ジョージ・タスカ(1916-2009)は21歳でナショナル・アカデミー美術学校を卒業。1939年、新聞ストリップ『スコーチー・スミス』のアシスタントになる。同時にアイガー・アイズナー・スタジオに入り、 『ジャングル』、『ウィングス』、『プラネット』、『ワンダーワールド 』、『 ミステリー・メン 』など、さまざまなコミックのストーリーを手がけた。1940年代にはハリー・"A"・チェスラー・スタジオの一員として、『キャプテン・マーベル』、『ゴールデン・アロー』、『アンクル・サム』、『エル・カリム』などのエピソードを描いた。戦後は、チャールズ・ビロの『Crime Does Not Pay』、『Black Terror』、『Crimebuster 』、『 Doc Savage』で印象的なストーリーを描き、コミックの分野でも活躍を続けた。また、1954年から1959年まで『スコーチー・スミス』のメイン・アーティストを務め、1967年まで『バック・ロジャース』の日刊と日曜日のページを担当した。1960年代後半、タスカはマーベルで仕事を始め、ゴーストライダー、猿の惑星、X-MEN、デアデビル、アイアンマンに貢献した。その後もDCで スーパーマン、スーパーボーイ 未知への挑戦者たち などのスーパーヒーロー・コミックを描き続けた。1978年、タスカはホセ・デルボ、ポール・クッパーバーグ、マーティン・パスコとともに、日刊スーパーマン・コミックの新バージョンをスタート。タスカは1993年までこのシリーズに携わった。

マーク・ウェイド

マーク・ウェイドは『アメイジング・ヒーローズ』と『コミックス・バイヤーズ・ガイド』のライターとしてコミック業界でスタートを切った。1980年代半ばにライター兼編集者として『アメイジング・ヒーローズ』のスタッフに加わる。1987年に編集者としてDCコミックスに入社し、1989年にフリーランスに。1992年から2000年まで『フラッシュ 』のメインライターとなり、同時に『キャプテン・アメリカ』も執筆。1997年、アレックス・ロスと組んでDCの受賞作『キングダム・カム』を執筆。1999年、数人の同業者とともに短命に終わったゴリラ・コミックスを結成し、その後、同じく新興出版社であるクロスジェンの一員となった。その後、『ファンタスティック・フォー』を3年間執筆。2003年、『Superman: Birthright』でDCに復帰:The Origin of the Man of Steel』を執筆。2007年8月から2010年12月まではBOOM.スタジオの編集長、後にチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めた!スタジオで編集長、チーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めた。

キャサリン・"キャット"・イロンウォード

1980年、キャット・イロンウォードはケン・ピアス出版社で編集者として働き、コミックストリップ復刻本の編集と紹介文を担当した。また、『Comics Buyer's Guide』誌に「Fit to Print」と題したコラムを長期連載した。このコラムがきっかけとなり、1981年に『The Art of Will Eisner』を執筆したKitchen Sink Pressでフリーランスの編集の仕事に就く。1982年、兄のヤンとともにエクリプス・エンタープライゼスを共同設立したディーン・マラニーとのパートナーシップを開始。アートフォームへの注目が高まっていた時期にイロンウォードを編集長として迎えたエクリプスは、多くの革新的な作品を出版し、当時クリエイターの権利がほとんど尊重されていなかった分野でクリエイターの権利を擁護した。彼女の在任中、エクリプスはアラン・ムーアとニール・ゲイマンの『ミラクルマン』、デイヴ・スティーヴンスの『ロケットマン』、スコット・マクラウドの『ゾット!』、P・クレイグ・ラッセルの『魔笛』といった作品を出版した。 1985年、イーロン・ウォードとトリナ・ロビンスによる女性コミックストリップとコミックブックのクリエイターの歴史に関する先駆的な本『Women and the Comics』をエクリプス社から出版。

2022年アイスナー賞の審査員が決定
6人の漫画専門家が指名委員会を構成

コミコン・インターナショナル(Comic-Con)は、2021年に出版された作品の中から優れた作品を表彰する2022年ウィル・アイズナー・コミック・インダストリー・アワードの審査員が決定したことを発表した。今年の審査員は、バーバラ・ランドール・ケセル、キム・マンソン、リック・オッフェンバーガー、ジェイムソン・ローラー、アーロン・トライテス、ジェシカ・ツェンの各氏。

審査員は、コミコンの理事会、スタッフ、各部署から構成されるコミコン賞小委員会によって選出されます。審査員は、コミックス業界のあらゆる側面を代表する人物が選ばれる。

審査員は、アイズナー賞の投票用紙に載せる候補作を約30部門で決定する。その後、コミック業界の専門家による投票が行われ、結果は7月のサンディエゴ・コミコンで開催される授賞式で発表される。


バーバラ・ランドール・ケセルのイメージ

バーバラ・ランドール・ケセルのコミックス・キャリアは1980年代半ばにDCコミックスで始まり、フリーライターから編集者に転身した後、西へ向かった。90年代初頭にダークホース・コミックスに編集者として入社し、その後フリーランスの生活に戻る。コミコン・インターナショナルでの思いがけない出会いがきっかけとなり、2000年にフロリダでクロスジェン・コミックスの立ち上げを手伝うことになった。フリーランスになって数年後、彼女は現在、新しいコンピューター技術を紹介するためにコミックを使ったアプリを発表する技術系新興企業で働いている。


ドローイング:ダリック・ロバートソン
ドローイング:ダリック・ロバートソン

サンフランシスコ・ベイエリア在住の美術史家、作家、アーティスト、キュレーター。2021年アイズナー賞にノミネートされたアンソロジー『Comic Art in Museums』(University Press of Mississippi)の編集者であり、巡回展『Women in Comics』(ニューヨーク、ローマ、ナポリ)のキュレーターでもある。


リック・オッフェンベルガーのイメージ

リック・オッフェンバーガーは1990年以来、小売業者、流通業者、レポーター、広報コーディネーター、ライター、出版社としてコミックの分野で働いてきた。電子メールをベースとした「スーパーヒーローニュース」サービスを所有・運営し、印刷物では「The Comics Buyers Guide」、「Comic Retailer」、「Borderline Magazine 」、「 Comics International」などで作品を発表している。インターネットでは、Silver Bullet Comicbooks、Comic Book Resources、Newsarama、First Comics Newsでライターや編集者を務める。アーチー・コミックスでは広報コーディネーターを10年間務めた。TwoMorrows Publicationsでは、ポール・カスティリア、ジョン・B・クックと『MLJコンパニオン』を共同執筆し、Gemstone Publishingでは『The Overstreet Comic Book Price Guide to Lost Universes』の各章を執筆。


ジェイムソン・ローラーのイメージ

サクラメント公共図書館の司書であるジェイムソン・ローラーは、矯正図書館、系図図書館、学術図書館、公共図書館など、図書館で17年間働いてきた。2020年と2021年には、図書館、図書館職員、一般市民を対象に、特に成人向けのコミックやグラフィックノベルの中から最も優れた作品を選出するアメリカ図書館協会の「Best Graphic Novels for Adults Reading Committee」の初代委員を務めた。また、カリフォルニア図書館協会のGraphic Novels Interest Groupの理事でもあり、Grownups Uniteを運営している!毎月バーチャルで開催される大人のためのグラフィック・ノベル・クラブを運営している。


アーロン・トライテスのイメージ

現在はサンディエゴのNow Or Never Comicsのオーナーとして、また以前は2017年にウィル・アイズナー・スピリット・オブ・コミックス・リテイラー賞を受賞したボストンのComicaziで、15年以上のコミック小売経験を持つ。また、コミュニティ・マネジメントやイベント・コーディネーションの経験もあり、アビーロード・スタジオからPAXオーストラリアまで、さまざまな場所でオンラインや実際にソーシャル・スペースを構築してきた。


ジェシカ・ツァンのイメージ

ジェシカ・ツァンは国際的なコミック史家であり、ポップカルチャーに関する講演者でもある。AMCの「Robert Kirkman'sSecret History of Comics」やNerdistの受賞ドキュメンタリー「The Impact of Black Panther 」に出演。また、世界中のポップカルチャーやコミックのコンベンションで500以上のパネルのモデレーターやパネルディスカッションのプロデューサーを務めている。彼女の代表的なパネルには「忘れられたトリオ」がある:カラーリスト、インカー、レタラー」、「ムーミン75周年」、「コミックとポップカルチャーにおけるネイティブ・アメリカンの表現」など。彼女のパネルは、CNN、ニューズウィーク、 ロサンゼルス・タイムズ、ニューヨーク・タイムズ、その他の国際的な報道機関で取り上げられている。


2021 アイズナー賞受賞者
最優秀短編小説賞

更年期のカーニバルが街にやってくるとき」(ミミ・ポンド著、『Menopause: AComic Treatment』(Graphic Medicine/Pennsylvania State University Press)所収

ベスト・シングルイシュー

スポーツは地獄』ベン・パスモア著(小山出版社)

最優秀継続シリーズ賞

スタン・サカイ著『うさぎ幼女』(IDW)

ベスト・リミテッド・シリーズ

スーパーマンの友人ジミー・オルセン」マット・フラクション、スティーブ・リーバー著(DC)

最優秀新シリーズ賞

ブラック・ウィドウ』ケリー・トンプソン、エレナ・カサグランデ(マーベル)

早期読者向け最優秀出版物(8歳まで)

ジリアン・タマキ著『Our Little Kitchen』(エイブラムス・ブックス・フォー・ヤング・リーダーズ)

子供向けベスト出版(9~12歳)

スーパーマンがクランを粉砕」 ジーン・ルエンヤンとグリヒル著(DC)

ティーン(13~17歳)向けベスト出版物

ドラゴン・フープス』 ジーン・ルーエン・ヤン著(ファーストセカンド/マクミラン)

最優秀ユーモア出版

スーパーマンの友人ジミー・オルセン」 マット・フラクション、スティーブ・リーバー著(DC)

ベスト・アンソロジー

Menopause: コミックによる治療』MK Czerwiec編(グラフィック・メディスン/ペンシルバニア州立大学出版局)

最優秀現実主義作品賞

ケント州立大学オハイオで4人死亡」デルフ・バックダーフ著(エイブラムス社)

最優秀グラフィック・メモワール賞

エイドリアン・トミネ著『遠距離漫画家の孤独』(ドローン・アンド・クォータリー刊)

ベスト・グラフィック・アルバム-新作

パルプ』エド・ブルーベイカー、ショーン・フィリップス(イメージ)

最優秀グラフィック・アルバム

サイモン・ハンセルマン著『種と茎』(ファンタグラフィックス)

他媒体からの翻案賞

スーパーマンがクランをぶっつぶす』( ジーン・ルエン・ヤンとぐりひる脚色、DC)

国際的な資料の米国版ベスト

ゴブリン・ガール 』モア・ロマノヴァ:作 メリッサ・バワーズ:訳(ファンタグラフィックス)

国際的な資料の米国版ベスト-アジア

レミーナ」伊藤潤二著、ジョセリン・アレン訳(VIZメディア)

ベスト・アーカイブ・コレクション/プロジェクト-ストリップス 

フラッパー・クィーンズトリナ・ロビンス編『ジャズ・エイジの女性漫画家たち』(ファンタグラフィックス)

最優秀アーカイブ・コレクション/プロジェクト-コミック

ピーター・バッゲ著、エリック・レイノルズ編『コンプリート・ヘイト』(ファンタグラフィックス)

ベストライター

ジェームズ・タイニオン4世『何かが子どもたちを殺している』 (BOOM!スタジオ);『 バットマン』(DC); 『デパートメント・オブ・トゥルース』(イメージ);『レイザーブレード』(タイニー・オニオン)

最優秀作家/アーティスト賞

伊藤潤二『レミーナ死角のヴィーナス』(VIZメディア)

最優秀ペンシラー/インカーまたはペンシラー/インカー・チーム

マイケル・オールレッド『 ボウイスターダスト、レイガンズ、ムーンエイジ・デイドリームス(インサイト・エディションズ)

最優秀画家/マルチメディア・アーティスト(インテリア・アート)

アナンド・RK/ジョン・ピアソン『 ブルー・イン・グリーン』(画像)

最優秀カバー・アーティスト

ピーチ・モモコ、バフィー・ザ・ヴァンパイア・スレイヤー#19、マイティ・モーフィン#2、サムシング・イズ・キリング・ザ・チルドレン#12、パワーレンジャー#1(BOOM!スタジオ);DIE!ナミテ、ヴァンパイアラ(ダイナマイト);ザ・クロウ:レテ(IDW);マーベル・ヴァリアント(マーベル)

ベスト・カラーリング

ローラ・オールレッド『X線ロボット 』(ダークホース);ボウイ:スターダスト、レイガンズ、ムーンエイジ・デイドリームス(インサイト・エディションズ)

ベスト・レタリング

スタン・サカイ『兎ようじ』(IDW)

最優秀コミック関連ジャーナリズム/定期刊行物賞

Women Write About Comics, edited by Nola Pfau and Wendy Browne, www.WomenWriteAboutComics.com

ベスト・コミック関連書籍

インビジブル・メンケン・クワトロ著『コミックブックの開拓者たち』(ヨーエブックス/IDW)

最優秀学術作品賞

私たちの諷刺画の内容:African American Comic Art and Political Belonging, レベッカ・ワンゾ著(ニューヨーク大学出版会)

最優秀出版デザイン賞

エイドリアン・トミネとトレイシー・ハーレンがデザインした『遠距離漫画家の孤独 』(ドローン・アンド・クォータリー刊)

最優秀デジタルコミック賞

フライデー」エド・ブルーベイカー、マルコス・マーティン(パネル・シンジケート)

ベスト・ウェブ・コミック

クライシス・ゾーン、サイモン・ハンセルマン著、 https://www.instagram.com/simon.hanselmann/

殿堂入り
パイオニアたち

トーマス・ナスト
ロドルフ・テプファー

審査員の選択

Alberto Breccia
Stan Goldberg
Françoise Mouly
Lily Renée Phillips

投票された

ルース・アトキンソン
デイブ・コックラム
ニール・ゲイマン
スコット・マクラウド